安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 大地震

大地震

古記録に学ぶ

大地震

大地震が同じ震源域で起きる間隔は人の一生より長い。最新の研究成果から歴史地震の被害や震源・震度分布などを検証。将来へ備える。

著者 宇佐美 龍夫
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 読みなおす日本史
出版年月日 2014/08/08
ISBN 9784642065801
判型・ページ数 4-6・226ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに―地震史研究の重要性/慶長地震(『日本西教史』より/地震加藤/被害のようす/阪神淡路大震災との比較)/琵琶湖西岸地震(被害のようす/三方五湖の地変/古記録による現地調査)/元禄地震(地震のようす/江戸のようす/地震と津波/旧版との比較)/八重山群島の津波(八重山群島/津波の大きさ/津波の被害/被災地の救済/八重山の伝承にみる津波)/島原大変、肥後迷惑(夜陰火気?々/前山の爆発/城下の立退き/肥後のようす/災害のくり返し)以下細目略/津軽・羽後の地震/羽前・羽後の地震/越後三条の地震/善光寺地震/南海地震/安政江戸地震/飛越地震/古文書を地震学に生かす/『大地震 古記録に学ぶ』復刊に寄せて…松浦律子/被害地震年表

このページのトップへ

内容説明

大地震が同じ震源域で起きる間隔は、人の一生より長い。そのため、過去の状況を知るには歴史資料の活用が不可欠となる。最新の研究成果から、歴史地震の被害や震源・震度分布・防災対応を検証。将来の地震に備える。

このページのトップへ

関連書籍

地震の社会史

地震の社会史

幕末の大震災から学ぶ災害情報と救済活動

著者:北原 糸子
 
中世の巨大地震

中世の巨大地震 264

被害状況の実態に迫り現代社会に警鐘鳴らす

著者:矢田 俊文
 
 
関東大震災を歩く

関東大震災を歩く

慰霊、鎮魂、復興!受難と再生の記憶を辿る

著者:武村 雅之
 
写真集 関東大震災

写真集 関東大震災

700枚の写真でよみがえる大震災の真実

著者:北原 糸子
 
 
日本災害史

日本災害史

人々はいかに災害を乗り越えてきたのか?

著者:北原 糸子
 
関東大震災と戒厳令

関東大震災と戒厳令 162

政府が隠し続けた震災と虐殺の真実

著者:松尾 章一
 
 
津波災害と近代日本

津波災害と近代日本

近代日本を襲った津波災害から何を学ぶのか

著者:北原 糸子
 
災害復興の日本史

災害復興の日本史 361

噴火・震災…古記録が語る大災害からの復興

著者:安田 政彦
 
 
日本歴史災害事典

日本歴史災害事典

貞観年間~東日本大震災。最新成果を結集

 
大震災と歴史資料保存

大震災と歴史資料保存

歴史文化の根付いた地域社会づくりを提言

著者:奥村 弘
 
 
平安京の災害史

平安京の災害史 345

古都の災害史から学ぶ、都市再生への道

著者:北村 優季
 
中世 災害・戦乱の社会史

中世 災害・戦乱の社会史

災害と紛争・戦乱との密接な関係に迫る!

著者:峰岸 純夫
 
 
災害と江戸時代

災害と江戸時代

都市形成と災害の繋がりを遺跡から再発見

著者:江戸遺跡研究会
 
災害都市江戸と地下室

災害都市江戸と地下室 33

都市構造と住民の暮らしから迫る穴蔵の実態

著者:小沢 詠美子
 
 

このページのトップへ