安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 姓氏・家紋・花押

姓氏・家紋・花押

姓氏・家紋・花押

自筆を証明する花押。武士の旗印や家を誇る家紋。史実から探る姓氏・系図。これらを踏まえ、古文書読解の要点が学べる格好の入門書!

著者 荻野 三七彦
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 古文書学
シリーズ 読みなおす日本史
出版年月日 2014/09/10
ISBN 9784642065818
判型・ページ数 4-6・280ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ 花押(花押と日本史の謎〈日本史上の名とは/奈良時代の筆跡/辞書に見える花押/日本における花押の初見/自署から草名へ/天皇の署名/略名式の「朝臣」/玉室和尚の墨跡の鑑定/花押に関する編著/紙継目花押と押縫/千夏譲状/二合体の花押/平安時代には    なかった署名捺印/官名花押と源家三代/天皇花押の初見/他〉以下細目略)/Ⅱ 紋章(紋章と日本人/武門の象徴 姓氏と紋章/紋章研究の手引き―楯紋・旗紋・幕紋の考察)/Ⅲ 姓氏(苗字と地名/姓氏と古文書/めくら系図批判)/Ⅳ 古文書(古文書の復活―古文書とはこういうものである/偽文書の始末/堀直寄鉄砲注文書―大坂夏の陣の新史料として/由比正雪の自筆消息/門松の古文書/晩秋の法隆寺村にて)/あとがき/『姓氏・家紋・花押』を読む…小和田哲男

このページのトップへ

内容説明

自筆を証明する花押(書き判)。敵味方を区別する武士の旗印や家を誇る家紋。言い伝えでなく史実から探る姓氏・系図。これらを踏まえ、文書の真偽を検討する方法など、古文書を読み説くための要点を平易にまとめた名著。

 

このページのトップへ

関連書籍

ハンコの文化史

ハンコの文化史

世界のハンコ5000年史を辿る!

著者:新関 欽哉
 
苗字と名前の歴史

苗字と名前の歴史 211

日本の多種多様な“名” を探る

著者:坂田 聡
 
 
名前と権力の中世史

名前と権力の中世史 388

足利15代の名前をめぐる将軍権力のゆくえ

著者:水野 智之
 
武士と大名の古文書入門 

武士と大名の古文書入門 

武家文書を素材に解読力が身に付く入門書!

著者:新井 敦史
 
 
よくわかる古文書教室

よくわかる古文書教室

古文書から甦る江戸の人びとの生活と姿

 
ステップアップ 古文書の読み解き方

ステップアップ 古文書の読み解き方

古文書読解に必須の30キーワード

 
 
はじめての古文書教室

はじめての古文書教室

こんなテキストを待っていた。最強の入門書

著者:林 英夫
 
古文書入門ハンドブック

古文書入門ハンドブック

古文書の解読法を分りやすく解説した入門書

著者:飯倉 晴武
 
 
花押かがみ 8

花押かがみ 8

永和元年/天授元年~明徳3年/元中9年

 
花押かがみ 7

花押かがみ 7

1359年から1374年まで

 
 
花押かがみ 6

花押かがみ 6

1348年から1358年まで

 
花押かがみ 4

花押かがみ 4

徳治元年より元弘3年まで

 
 
花押かがみ 3

花押かがみ 3

建長元年より嘉元3年まで

 
 

このページのトップへ