安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 地方官人たちの古代史

地方官人たちの古代史 386

律令国家を支えた人びと

地方官人たちの古代史

村の生活を指示した木簡や、墾田開発・庄園経営などを伝える古文書から、古代の〝お役人〟の仕事を紹介し、その活躍を描き出す。

著者 中村 順昭
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2014/09/22
ISBN 9784642057868
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

平城京の繁栄を支えたもの―プロローグ/国・郡の支配者たち(郡司のお触れ書き/郡の役所と郡司/地方豪族と墾田/郡司の財力)/郡司とその周辺(郡の下級職員/郡司と郡雑任たち/郡司と中央官人/譜第氏族とトネリ/郡司をめぐる争い―正倉神火事件)/評から郡へ―郡司制の成立(評の成立/評と郡の違い/国司制の成り立ち)/国司と結びつく人々―郡司の変質(国の下級職員/国史生安都雄足の私経営/郡司制度の変質)/村のなかの律令制―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

奈良時代、平城京を中心とした国家の繁栄は、地方社会によって支えられた。その行政を担ったのが、戸籍を作成し租税を徴収した国司や郡司などの地方官人だった。村の生活を指示した地方出土木簡や、墾田開発・庄園経営などの記録が残る正倉院文書から、郡司らの仕事を紹介し、地方行政の実態を探究。古代の〝お役人〟たちの活躍をいきいきと描く。

このページのトップへ

関連書籍

古代豪族と武士の誕生

古代豪族と武士の誕生 360

古代史を貫く地方豪族と支配の実態を描く

著者:森 公章
 
冠位制の成立と官人組織

冠位制の成立と官人組織

日本古代史研究の成果を問う力作

著者:若月 義小
 
 
在庁官人と武士の生成

在庁官人と武士の生成

源平中心とは異なる視角で武士の成立を探究

著者:森 公章
 
律令官人制と地域社会

律令官人制と地域社会

官人制を通して古代社会の実像に迫る

著者:中村 順昭
 
 
日本古代の文字と地方社会

日本古代の文字と地方社会

文字文化の受容と展開の様相を描き出す

著者:三上 喜孝
 
古代地方制度形成過程の研究

古代地方制度形成過程の研究

形成・運営の実態から従来の解釈を再考する

著者:須原 祥二
 
 
古代地方木簡の研究

古代地方木簡の研究

正倉院文書などとの関係や文書行政を考察

著者:平川 南
 
 

このページのトップへ