安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 紫式部と平安の都

紫式部と平安の都

紫式部と平安の都

京都に探る『源氏物語』の舞台! 世界最高の文学作品を生み出した、希代の天才の生涯を辿る。

著者 倉本 一宏
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 人をあるく
出版年月日 2014/09/18
ISBN 9784642067867
判型・ページ数 A5・150ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

王朝の文化サロンと中宮彰子の後宮/Ⅰ 紫式部の履歴書(家系と生い立ち/少女時代/結婚と夫との死別〈越前に下向/結婚と上京/宣孝の死〉/源氏物語の執筆〈『源氏物語』の起筆/料紙の問題/宮廷政治史との関連/『源氏物語』の執筆〉/中宮彰子への出仕〈彰子への出仕/里居の日々/敦成親王の誕生/土御門第行幸と五十日の儀/敦良親王の誕生/一条朝の終焉〉/三条朝の紫式部と晩年〈実資の取り次ぎ役/紫式部の死〉)/人物相関/コラム 紫式部と清少納言/Ⅱ 源氏物語の構想/Ⅲ 源氏物語をあるく(紫式部の遺跡/源氏物語の風景)/略年表

このページのトップへ

内容説明

千年の時を超え、世界最高の文学と称えられる『源氏物語』。不遇な学者の女(むすめ)から中宮彰子への出仕に至った作者・紫式部の生涯を追い、物語執筆の謎に迫る。平安京や須磨・明石、宇治を訪ね、物語の舞台に想いを馳せる。

このページのトップへ

関連書籍

入道殿下の物語 大鏡

入道殿下の物語 大鏡

藤原道長、栄華のストーリーと人間ドラマ!

著者:益田 宗
 
現代語訳 小右記 1

現代語訳 小右記 1

藤原実資が綴った日記。平安宮廷社会が甦る

著者:倉本 一宏
 
 
源氏物語を読む

源氏物語を読む

光源氏登場から千年。虚構の中の正史とは

著者:瀧浪 貞子
 
源氏物語の風景

源氏物語の風景 72

よみがえる王朝の都と宮廷男女の雅の世界

著者:朧谷 寿
 
 
紫式部

紫式部

王朝ロマンの最高峰『源氏物語』作者の生涯

著者:今井 源衛
 
平安朝 女性のライフサイクル

平安朝 女性のライフサイクル 54

王朝時代を逞しく生きた様々な女性の一生

著者:服藤 早苗
 
 
藤原道長

藤原道長 250

摂関政治全盛を築いた公卿の傑出した生涯

著者:山中 裕
 
一条天皇

一条天皇 236

藤原摂関家と協調し、王朝文化を開いた実像

著者:倉本 一宏
 
 
清少納言

清少納言

枕草子の著者。学識と機智に富む稀代の才女

著者:岸上 慎二
 
和泉式部

和泉式部

摂関全盛期の代表的女流歌人の生涯

著者:山中 裕
 
 
平安の宮廷と貴族

平安の宮廷と貴族

栄華と凋落の軌跡を語る珠玉集。

著者:橋本 義彦
 
平安京の時代

平安京の時代 4

古代日本が成熟・変質した九世紀を描き出す

著者:佐々木 恵介
 
 
平安京

平安京 5

古代都市〈平安京〉と変わりゆく列島社会

著者:吉川 真司
 
平安の朝廷

平安の朝廷

千年の都=京都をダイナミックに描く

著者:笹山 晴生
 
 

このページのトップへ