安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代の女性官僚

古代の女性官僚 390

女官の出世・結婚・引退

古代の女性官僚

女性官僚の出仕のルートや日常業務、結婚や引退、死に至るまでのライフコースを辿り、天皇の政務と日常生活を支えた生き方を描く。

著者 伊集院 葉子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2014/11/20
ISBN 9784642057905
判型・ページ数 4-6・256ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

都にのぼった女官―プロローグ―/女官への道(女官とは何か/中央豪族の女と地方豪族の女/女官の呼び名)/女官の仕事(女官の配属先/職掌と日常業務/男官と女官の共同労働)/女官の勤務評定と出世(勤務評定と授位/能力評価の多彩な物差し/女官の出世と「ガラスの天井」)/女官の経済(女官の俸給/生産と蓄財)/女官の生活と結婚(恋と結婚/女官の出世と氏のステータス/女官のイエと家政機関)/女官の引退と死(女官の引き際/女官の死/女房の登場)/古代女官の素顔―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

宮廷の運営など、古代社会の「マツリゴト」に関与できた女性たちは、女官=女性官僚としていかなる能力を発揮したのか。史料に残る千人の女官データから、出仕を果たすための二つのルート、配属や日常業務、勤務評定と出世、俸給と財産形成、生活と結婚、引退と死に至るライフコースを辿り、日本という国の成り立ちを支えた女性たちの実態を描く。

第30回(2015年度)女性史青山なを賞受賞!
 くわしくはこちら

このページのトップへ

関連書籍

古代の恋愛生活

古代の恋愛生活

万葉歌から読み解く恋愛・結婚のルール

著者:古橋 信孝
 
日本古代女官の研究

日本古代女官の研究

律令制度で女官が得た公的地位とは?

著者:伊集院 葉子
 
 
女性官僚の歴史

女性官僚の歴史

歴史研究の成果から、今日的課題に迫る!

著者:総合女性史学会
 
平安朝 女性のライフサイクル

平安朝 女性のライフサイクル 54

王朝時代を逞しく生きた様々な女性の一生

著者:服藤 早苗
 
 
近世の朝廷と女官制度

近世の朝廷と女官制度

未解明だった禁裏御所の「奥」の全貌を解明

著者:高橋 博
 
 

このページのトップへ