安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 武士の奉公 本音と建前

武士の奉公 本音と建前 393

江戸時代の出世と処世術

武士の奉公 本音と建前

役人として生きねばならなかった江戸時代の武士。上司に取り入り人間関係に配慮し、したたかに生きようとした「働く思い」を検証。

著者 高野 信治
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2014/12/22
ISBN 9784642057936
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

戦功をあげられない武士たちの働く思い―プロローグ/家臣の立ち位置(江戸時代の武士・家臣/人事と家格/殿様たちの思い/「御為」の行方)/慎みとやる気(慎む武士たち/奉公と出世/私欲とやる気)/ 人事の要件(人事への関心/評価のあり方/登用の必要性)/人と金(人材と学問・教育/大事な人間関係/「儀」より「へつらい」)/思いを記す家臣たち(武士道書ににじむ思い/記される奉公書/役人として文人として)/武士の欲求膨張とコントロール―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

御(お)家(いえ)や主君のために命がけで戦った武士たち。平和の続く江戸時代、戦功をあげる機会がなくなり「役人」として生きなければならなかった彼らは、どのような価値観で奉公していたのか。上司に取り入り立身出世を勝ち取る者、保身や人間関係に配慮する者…。身分制社会のなかで、したたかに生きようとした武士たちの「働く思い」を読み解く注目の書。

このページのトップへ

関連書籍

旗本・御家人の就職事情

旗本・御家人の就職事情 410

出世を図る武士と幕府の人事システムに迫る

著者:山本 英貴
 
武士という身分

武士という身分 347

戦士なのか、官僚なのか。大名家臣団の実像

著者:森下 徹
 
 
権威と上昇願望

権威と上昇願望 3

昇進を目論む武士、公家文化に憧れる大名…

著者:堀 新
深谷 克己
 
武士の周縁に生きる

武士の周縁に生きる 7

大庄屋、地役人ら武士身分を取巻く人々描く

著者:森下 徹
 
 
江戸大名の本家と分家

江戸大名の本家と分家 331

常識をくつがえす武家社会の「お家事情」

著者:野口 朋隆
 
江戸時代の孝行者

江戸時代の孝行者 73

幕府刊行「孝義録」が語る期待される人間像

著者:菅野 則子
 
 
江戸の武家名鑑

江戸の武家名鑑 257

大名・旗本が一覧できる「武鑑」の魅力とは

著者:藤實 久美子
 
 

このページのトップへ