安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 親鸞と歎異抄

親鸞と歎異抄 392

親鸞と歎異抄

現代に生きる親鸞。歎異抄の原文に平易な現代語訳を付し、丹念にひもとく。今なお人々の心を惹き付けてやまないその思想を探り出す。

著者 今井 雅晴
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 2014/12/22
ISBN 9784642057929
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

現代に生きる親鸞 プロローグ/親鸞の一生(親鸞の生まれた時代/京都の親鸞/流罪と越後の親鸞/東国の親鸞/再び京都の親鸞)/歎異抄の書誌(歎異抄の歴史/歎異抄の著者と執筆意図)/親鸞のこころ(歎異抄第一章~歎異抄第十章)/唯円の周辺(歎異抄後序/唯円の人物像/唯円を囲む環境/唯円の時代)/唯円の思い(歎異抄第十一章/歎異抄第十八章)

このページのトップへ

内容説明

浄土真宗の開祖親鸞のことばを門弟の唯円がまとめたとされる歎異抄。原文にわかりやすい現代語訳を付し、丹念に読み解きながら、親鸞の思想を探り、その生き様も描く。唯円の人物像と活躍した時代背景、中世の人々の生き方などにも触れ、親鸞を鎌倉時代の社会に位置づける。悪人救済など今なお心に響くことばから、現代人の生きる指針をみつめる。

このページのトップへ

関連書籍

日本の奇僧・快僧

日本の奇僧・快僧

時代を動かした知的アウトサイダーの実像

著者:今井 雅晴
 
親鸞と東国

親鸞と東国

日本最大の宗派を築いた聖人の生涯!

著者:今井 雅晴
 
 
親鸞

親鸞

異説多い親鸞伝の諸問題を解き明かす。

著者:赤松 俊秀
 
親鸞

親鸞 37

新知見と新見解によって素顔の親鸞を検証

著者:平松 令三
 
 
信の念仏者 親鸞

信の念仏者 親鸞 8

「悪人こそ往生をとげうる」と唱えた親鸞像

著者:草野 顕之
 
親鸞の信仰と呪術

親鸞の信仰と呪術

病気治療や来迎観などから信仰の実態に迫る

著者:小山 聡子
 
 
親鸞の生涯と思想

親鸞の生涯と思想

親鸞研究の第一人者が、思想と実像を解明

著者:平松 令三
 
 

このページのトップへ