安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 沖縄返還と通貨パニック

沖縄返還と通貨パニック

沖縄返還と通貨パニック

沖縄返還によるドルから円への通貨交換の直前、日本政府は交換レートを切り上げた。その狭間で翻弄され、辛酸を舐めた沖縄に迫る。

著者 川平 成雄
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2015/01/20
ISBN 9784642082662
判型・ページ数 A5・216ページ
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

プロローグ ニクソン・ショックと沖縄返還/Ⅰ ドル支配体制の揺らぎ(栄光のドル/凋落のドル)/Ⅱ 沖縄返還前夜―コザ反米騒動(ドキュメント・緊迫の六時間/コザ反米騒動の「奥」にあるもの/米国民政府、琉米日政府の対応/コザ反米騒動、その後)/Ⅲ ニクソン・ショックの波紋(ニクソン「新経済政策」声明とその背景/日本政府の対応の甘さ/琉球政府の対応と立法院の動き/住民生活の動揺)/Ⅳ ドル通貨確認 ドルから円へ(極秘のドル通貨確認準備/世紀のドル通貨確認作業/日本円 沖縄へ/ドルから円へ 再び生活混乱の中に)/Ⅴ ドルの凋落と沖縄返還(日米共同声明に見えるドル凋落の「足音」/「沖縄国会」の暴挙/幻となった「復帰措置に関する建議書」/「みなす知事」と夜明けの議会)/エピローグ 米軍と日本政府に追われて

このページのトップへ

内容説明

沖縄返還によるドルから円への通貨交換の直前、「ニクソン・ショック」により日本政府は交換レートを切り上げた。手持ち資金が減り混乱に陥る沖縄の人びと。その損失を抑えるため、琉球政府と日本政府が極秘で計画した貨幣史上類をみない「ドル確認作業」…。通貨交換の狭間で翻弄され、辛酸を舐めた沖縄の九か月間に迫り、今も続く苦闘の源を探る

【編集者の眼】
 一九七一年八月のニクソン米大統領による声明は、日本への返還を翌年五月に控えていた沖縄に衝撃を与えました。当時の沖縄での通貨はドルであり、復帰に伴うドル・円の交換レートが三六〇円から三〇五円に決定したことによる資産減少、急激なインフレが予期されたためです。
 本書は、返還まで約一年間の沖縄での混乱が描かれています。著者の眼差しは沖縄住民へ、そして政治的展開へと向けられ、特に、資産損失を押さえるため、極秘に進められた沖縄全域でのドル通貨確認作業をめぐる琉球・日本両政府の計画、交渉、実施については克明で、ドキュメントのようです。
 これらは、高度成長の歴史の中で埋没しがちなことですが、著者は、今の沖縄を考えるための柱の一つとします。沖縄の戦後史はアメリカの軍事占領から始まります。それは、二冊の前著『沖縄 空白の一年』『沖縄 占領下を生き抜く』などから学び、沖縄問題に対する目を開くことができます。(峻)

このページのトップへ

関連書籍

沖縄返還後の日米安保

沖縄返還後の日米安保

なぜ米軍基地の集中化が方向づけられたのか

著者:野添 文彬
 
沖縄 空白の一年

沖縄 空白の一年

戦後なき沖縄の原点、「空白の1年」に迫る

著者:川平 成雄
 
 
沖縄 占領下を生き抜く

沖縄 占領下を生き抜く 354

アメリカの極東戦略に翻弄された苦難の歴史

著者:川平 成雄
 
高度成長と沖縄返還

高度成長と沖縄返還 3

自由民主党の「黄金時代」を描き出す

著者:中島 琢磨
 
 
琉球・沖縄史の世界

琉球・沖縄史の世界 18

自立した視点から描くの琉球・沖縄史

著者:豊見山 和行
 
人物で読む現代日本外交史

人物で読む現代日本外交史

外交官・政治家ら20名の栄光と苦悩の歴史

 
 

このページのトップへ