安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 豊臣秀吉文書集 1

豊臣秀吉文書集 1

永禄8年~天正11年

豊臣秀吉文書集 1

日本史上随一の発給数を誇る秀吉文書、約7000通を初めて集大成。本巻では信長の後継者として頭角を現わすまで、945点を収録。

著者 名古屋市博物館
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 史料・史料集 > 豊臣秀吉文書集
出版年月日 2015/01/28
ISBN 9784642014212
判型・ページ数 菊判・336ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

★宛所の一部
◎武将・公卿・茶人
石川数正/稲葉一鉄/今井宗久/上杉景勝/宇喜多秀家/織田信孝/勧修寺晴豊/片桐且元/加藤清正/吉川元春/黒田孝高/小早川隆景/高山右近/瀧川一益/徳川家康/鍋島直茂/丹羽長秀/羽柴秀長/蜂須賀正勝/福島正則/細川藤孝/前田利家/松永久秀/毛利輝元
◎寺社
鵤寺/永平寺/園城寺/広隆寺/金剛寺/惣持寺/大徳寺/高田専修寺/東寺/根来寺/本願寺/松尾社
◎郷村
山城国賀茂郷/近江国古橋郷/摂津国本庄芦屋郷/播磨国網干郷/因幡国山方之郷/美作国内樫村/美濃国末森村/伊勢国大窪郷/越前国月尾郷/加賀国石川郡味智郷

このページのトップへ

内容説明

本能寺の変によって信長の一家臣秀吉の境遇は激変する。奉行人として畿内統治に臨んでいた秀吉が、中国攻めや山崎の戦いを経て武将として独立。賤ヶ岳の合戦後、信長の後継者として頭角を現わすまで、945点を収録。

【編集者の眼】
初めて参加した寺院調査で、墨黒々と「御朱印」と書かれた文書に興奮する私を教授は諫めた。山を下りたら、博物館で勉強して帰りなさい、と。後日、展示室に陳列されている豊臣秀吉の朱印状を見て、はたと自分の無定見を悟った十九歳の夏。
 古文書は知識がないと難しい。写しや偽文書も多く、文書一点ごとに年代や人名、地名を比定するのは難儀である。まして太閤として全国統治を果たした秀吉は、日本の各地に膨大な文書が存在し、それらの相関関係にも気配りせねばならない。
 現存する秀吉の発給文書は約七〇〇〇通に及び、その集成を目指して文書集の刊行が開始された(年一冊の予定)。第一巻は、秀吉が本能寺の変をへて織田家の筆頭に上り詰めていく時期に当たる。小説やドラマで描かれる秀吉の言動が、実際に秀吉が出した書状とどこが同じで、何が違うのか。私は一足先に本書の校正をしながら、そんな楽しみとともに大河ドラマを観終えたのであった。   (船)


『豊臣秀吉文書集』全9巻

織田信長の武将から出世し、関白・太閤として天下統一を成し遂げた豊臣秀吉。その膨大な発給文書は日本史上随一の数を誇り、これまで全貌の把握は困難であった。現在確認される七千通近くの文書を初めて集大成し、厳密な校訂により編年順に掲載。文書の初見から三十年以上の活躍を通覧でき、豊臣政権の究明や古文書研究にも寄与する待望の史料集。

【本史料集の特色】

現在確認されている秀吉の発給文書約七千通を初めて集大成
全国各地に散在する文書を編年配列し、文書の初見から三十年以上の活躍を通覧
最新の研究成果に基づく厳密な考証により、年代・人名・地名を比定
近年の自治体史などの地域調査を反映し、できる限り原文書と照合した厳密な校訂
署判や文書様式の変化など古文書学研究の深化にも寄与
最終巻には全巻を通して人物などの情報を検索できる総索引を収録

【本史料集の構成】 ※年1冊ずつ刊行中
第1巻 永禄八年(一五六五)~天正十一年(一五八三) 発売中
第2巻 天正十二年(一五八四)~天正十三年(一五八五) 発売中
第3巻 天正十四年(一五八六)~天正十六年(一五八八)
第4巻 天正十七年(一五八九)~天正十八年(一五九〇)
第5巻 天正十九年(一五九一)~文禄元年(一五九二)
第6巻 文禄二年(一五九三)~文禄三年(一五九四)
第7巻 文禄四年(一五九五)~慶長三年(一五九八)
第8巻 年未詳
第9巻 補遺・索引

 名古屋市博物館『豊臣秀吉文書集』編集委員会
委員長
三鬼清一郎(名古屋大学名誉教授)
副委員長
藤井讓治(京都大学名誉教授)
委 員
跡部 信(大阪城天守閣)
加藤益幹(椙山女学園大学)
播磨良紀(中京大学)
藤田達生(三重大学)
藤田恒春(前京都橘大学)
山口和夫(東京大学史料編纂所)

平成27年2月2日 河村たかし名古屋市長会見
 動画を見る

名古屋市博物館 ホームページ

このページのトップへ

関連書籍

豊臣秀吉文書集 4

豊臣秀吉文書集 4

天下人としての権力を築くまで、928点

著者:名古屋市博物館
 
豊臣秀吉文書集 3

豊臣秀吉文書集 3

九州を平定し刀狩などを行うまでの817点

著者:名古屋市博物館
 
 
豊臣政権の権力構造

豊臣政権の権力構造

五大老・五奉行の検討から権力構造を解明

著者:堀越 祐一
 
豊臣秀吉文書集 2

豊臣秀吉文書集 2

関白となり家康攻めに動くまでの884点

著者:名古屋市博物館
 
 
秀吉の手紙を読む

秀吉の手紙を読む

24通の書状から読み解く天下人秀吉の実像

著者:染谷 光廣
 
天下人の書状をよむ

天下人の書状をよむ

信長・秀吉・家康の貴重な書簡を一挙公開

 
 
豊臣秀吉と大坂城

豊臣秀吉と大坂城

豊臣大坂城を探訪し、天下人の素顔に迫る

著者:跡部 信
 
秀吉の軍令と大陸侵攻

秀吉の軍令と大陸侵攻

軍令到着の時差が戦局に及ぼした影響を探る

著者:中野 等
 
 
秀吉の天下統一戦争

秀吉の天下統一戦争 15

秀吉不敗の戦略に迫り、統一戦争の功罪問う

著者:小和田 哲男
 
 

このページのトップへ