安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 北の軍隊と軍都

北の軍隊と軍都 1

北海道・東北

北の軍隊と軍都

旭川・弘前・大湊・仙台…。ロシアとの緊張・アイヌの徴兵・八甲田山遭難事件・昭和三陸津波・徴兵忌避―。北の護りの役割と実態!

著者 山本 和重
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 地域のなかの軍隊
出版年月日 2015/02/12
ISBN 9784642064736
判型・ページ数 4-6・250ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

北の軍隊と地域社会―プロローグ…山本和重/Ⅰ 軍都論(第二師団と仙台…加藤 宏〈第二師団の設置/第二師団と仙台の交通網整備/第二師団と市の経済/第二師団と仙台市民/軍事施設の跡地利用〉/第七師団と旭川…平野友彦〈「軍都」と「旭都」/第七師団の移駐をめぐる官と民の意識/移駐後の師団と町民との関わり/総力戦体制下の師団と旭川〉以下細目略/コラム1 社会運動家と軍隊…山本和重/第八師団と弘前…中園 裕/コラム2 八甲田雪中行軍遭難事件…中園 裕/コラム3 大湊要港…手嶋泰伸)/Ⅱ 軍隊論(北海道の徴兵制…山本和重/コラム4 徴兵忌避と夏目漱石の北海道転籍…平野友彦/近代北海道のアイヌと徴兵・軍隊…小川正人/コラム5 近文アイヌと軍隊…谷本晃久/昭和三陸津波と軍隊…伊藤大介)/試製基地要図(北海道・東北地方)

このページのトップへ

内容説明

ロシアに近い北海道・東北地方は軍事戦略上重要視され、仙台・旭川・弘前に師団が設置された。それら三都市を中心に、市民生活と軍隊の関わりを描く。徴兵忌避、アイヌの徴兵・召集、災害時の軍隊の役割にも言及する。

このページのトップへ

関連書籍

軍隊と地域社会を問う

軍隊と地域社会を問う 9

人々の生活の中の軍隊の風景。シリーズ完結

 
日本の軍隊を知る

日本の軍隊を知る 8

改めて軍隊を考えるための知識を集成する

 
 
蝦夷島と北方世界

蝦夷島と北方世界 19

世界史的視野から描くもう一つの日本列島史

著者:菊池 勇夫
 
アイヌの道

アイヌの道 1

「アイヌ語地名」を手掛かりに完全踏査

 
 
蝦夷地から北海道へ

蝦夷地から北海道へ 2

開拓と国防の歴史と”さいはて”文化を描く

著者:田端 宏
 
仙台・松島と陸前諸街道

仙台・松島と陸前諸街道 8

みちのくの都〈仙台〉と奥の細道をゆく

 
 
エミシ・エゾからアイヌへ

エミシ・エゾからアイヌへ 273

古代~現代までアイヌはどうみられてきたか

著者:児島 恭子
 
 

このページのトップへ