安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 馬と人の江戸時代

馬と人の江戸時代 398

馬と人の江戸時代

盛岡藩領の南部馬に注目し、武具・農具としての役割や、人馬をとりまく自然環境を読み解く。馬と人の営みから江戸社会を描く。

著者 兼平 賢治
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2015/03/20
ISBN 9784642057981
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

馬と人の江戸時代、そして現在―プロローグ/権力者と馬(天下人と馬/将軍の御馬を求めて)/将軍綱吉・吉宗と馬(馬を保護した将軍綱吉/馬を好み活用した将軍吉宗)/身分標識としての馬(男馬・女馬として生きる/「武具」としての馬/「農具」としての馬)/人馬のかかわりと自然環境(馬喰と馬医という存在/馬と牛のいる風景/人馬をとりまく多様な関係/飢饉がもたらした馬肉食)/馬の老いと死(馬の老い・余生・死/死馬の利用)/人馬にみる「共生」の姿―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

江戸時代、馬は将軍から百姓まで人々と寄り添い生きていた。名馬の産地、盛岡藩領の南部馬に注目。権力者の「御馬」・武具・農具としての役割や、馬喰(ばくろう)・馬医、人馬をとりまく自然環境から、身分の象徴や人々の生活の中にあった馬の姿に迫る。死馬の利用にも触れ、自然と動物と人間との関係性を読み解いて、馬と人の営みから見える江戸社会を描く。

このページのトップへ

関連書籍

南部と奥州道中

南部と奥州道中 6

文化人を育んだ南部。苦難の歴史を追究

著者:細井 計
 
馬冑が来た道

馬冑が来た道

伝来した馬の武装具を考察し謎に迫る

著者:金井塚 良一
 
 
古代駅伝馬制度の研究

古代駅伝馬制度の研究

文献史学の方法論により古代交通制度を追究

著者:永田 英明
 
 

このページのトップへ