安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 源義経と壇ノ浦

源義経と壇ノ浦

源義経と壇ノ浦

壇ノ浦で〝打倒平家〟を果たした後には、河内源氏棟梁の後継者として、兄頼朝との対決が待っていた。信念を貫いた生き方を蘇らせる。

著者 前川 佳代
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 人をあるく
出版年月日 2015/05/22
ISBN 9784642067881
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

源義経と日本人/Ⅰ 源義経の履歴書(牛若から義経へ/京都の軍政官/面目躍如の凱旋と失意の関東下向/平泉と義経/人物相関/【コラム】牛若丸生誕地―義朝の居館は?)/Ⅱ 軍略家・義経の戦い(義経の戦いの秘密/一の谷/屋島/壇ノ浦/軍略家義経の秘密/【コラム】女人の闘い―義経の妻妾と母)/Ⅲ 源義経を歩く(近畿地方〈京都府―鞍馬寺・貴船神社(京都市)、六条堀川から清水寺(京都市)、宇治川(宇治市)/奈良県―吉野山(吉野町)、南都興福修坊・春日大社(奈良市)/兵庫―三草山、三草山から一の谷へ(山田~藍那、藍那~鵯越)、一の谷(神戸市須磨区)、大物(尼崎市)〉)/四国地方〈徳島県―勝浦・旗山(小松島市)/香川県―屋島(高松市)〉/中国・九州地方〈山口県・福岡県―壇ノ浦、門司(下関市・北九州市)〉)/【コラム】幸若舞「和泉か城」が語る真相/略年表

このページのトップへ

内容説明

壇ノ浦で〝打倒平家〟の宿願を果たした源義経。その後には河内源氏棟梁の後継者として、兄頼朝との対決が待っていた。全国を駆け巡った足跡をたどり、信念を貫いた生き方を鮮明に蘇らせ、軍略家義経の戦いの秘密に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

木曽義仲

木曽義仲

木曽で育った源氏の貴種。その悲劇の生涯

著者:下出 積與
 
源頼朝と鎌倉

源頼朝と鎌倉

苦難の前半生から冷徹な独裁者の実像に迫る

著者:坂井 孝一
 
 
源義経

源義経

物語・伝説を排除し描き出された真実の姿

著者:渡辺 保
 
源義経

源義経 223

平家を滅ぼした英雄伝。失脚の真相に迫る

著者:元木 泰雄
 
 
源平の内乱と公武政権

源平の内乱と公武政権 3

後白河院から執権政治へ、変革の時代を描く

著者:川合 康
 
治承・寿永の内乱と平氏

治承・寿永の内乱と平氏 5

『平家物語』などの通説的歴史観を克服する

著者:元木 泰雄
 
 
東国武士団と鎌倉幕府

東国武士団と鎌倉幕府 2

東国武士のネットワークと内乱のなかの日常

著者:高橋 一樹
 
源平の争乱

源平の争乱 6

源氏武士団のリベンジ源平合戦を描く

著者:上杉 和彦
 
 
源氏と坂東武士

源氏と坂東武士 234

坂東に生きた武士たちの軌跡に迫る

著者:野口 実
 
源平合戦事典

源平合戦事典

歴史から文学・伝承まで、約500項目

著者:福田 豊彦
関 幸彦
 
 
平家物語を読む

平家物語を読む

軍記物『平家物語』の虚像と史実に迫る

著者:川合 康
 
奥州藤原氏と平泉

奥州藤原氏と平泉

東北の風土とともに生きた4代の100年

著者:岡本 公樹
 
 
奥州藤原氏

奥州藤原氏

みちのく平泉に眠る清衡ら四代の栄光と落日

著者:高橋 富雄
 
奥州藤原氏四代

奥州藤原氏四代

清衡以下四代の事蹟とその興亡の跡を解明

著者:高橋 富雄
 
 
都市鎌倉の中世史

都市鎌倉の中世史 301

従来のイメージを覆す、新しい鎌倉都市論!

著者:秋山 哲雄
 
鎌倉源氏三代記

鎌倉源氏三代記 299

頼朝はいかにして源氏の棟梁となったのか?

著者:永井 晋
 
 
鎌倉北条氏の興亡

鎌倉北条氏の興亡 159

イメージを一新する知られざる光と影の歴史

著者:奥富 敬之
 
京・鎌倉の王権

京・鎌倉の王権 8

列島の東西から読み解く中世の日本

著者:五味 文彦
 
 

このページのトップへ