安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 帝国支配の最前線

帝国支配の最前線 7

植民地

帝国支配の最前線

明治初年以降、台湾・南樺太・満洲・朝鮮・南洋群島の旧植民地に、軍隊はいかに関わったのか? 現地軍隊の動向を、地域ごとに追究。

著者 坂本 悠一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 地域のなかの軍隊
出版年月日 2015/04/17
ISBN 9784642064798
判型・ページ数 4-6・320ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

帝国の植民地支配がもたらしたもの プロローグ…坂本悠一/Ⅰ 概論(植民地支配の最前線としての帝国軍隊…坂本悠一)/Ⅱ 台湾(台湾における植民地軍隊と植民地戦争…近藤正己/コラム1 霧社事件…都留俊太郎/コラム2 台湾空襲…都留俊太郎)/Ⅲ 南樺太(サハリン住民と日本・ソ連の軍政…竹野 学/コラム3 真岡郵便局事件―「九人の乙女」の集団自決…竹野 学)/Ⅳ 満洲(独立守備隊と満鉄附属地―関東軍の基幹部隊…加藤聖文/関東軍と満洲国―政治権力を握った軍隊…加藤聖文/コラム4 モンゴルと興安軍、コラム5 満鉄と鉄路愛護運動、コラム6 国共内戦と日本軍兵士たち…加藤聖文)/Ⅴ 朝鮮(韓国駐箚軍の形成から朝鮮軍へ―常設師団の誕生…徐 民教/コラム7 韓国駐箚軍と義兵闘争…朴 廷鎬/朝鮮に常設された第一九師団と第二〇師団…庵逧由香/コラム8 朝鮮北部に残る日本軍の施設…庵逧由香/朝鮮海峡への要塞・軍港建設と国際関係…金 慶南、柳 教烈/「本土決戦」体制と朝鮮半島南部・済州島…塚崎昌之)/Ⅵ 南洋群島(南洋群島の日本の軍隊…今泉裕美子/コラム9 サイパン島・テニアン島の「玉砕」…今泉裕美子)/試製基地要図第一(千島樺太地方)/戦争関連施設・遺跡

このページのトップへ

内容説明

明治初年以降、絶え間ない対外戦争で植民地を獲得してきた帝国日本。台湾・南樺太・満洲・朝鮮・南洋群島の旧植民地に、軍隊はいかに関わったのか? 植民地支配の前衛を担った現地軍隊の動向を、地域ごとに追究する。

このページのトップへ

関連書籍

軍隊と地域社会を問う

軍隊と地域社会を問う 9

人々の生活の中の軍隊の風景。シリーズ完結

 
日本の軍隊を知る

日本の軍隊を知る 8

改めて軍隊を考えるための知識を集成する

 
 
植民地建築紀行

植民地建築紀行 330

負の遺産から文化財へ。歴史的意味を考える

著者:西澤 泰彦
 
植民地と戦争責任

植民地と戦争責任 3

新しい戦争が起る世界で女性はどう生きるか

著者:早川 紀代
 
 
帝国日本と植民地都市

帝国日本と植民地都市 174

帝国支配がアジア都市にもたらしたものとは

著者:橋谷 弘
 
 
二〇世紀満洲歴史事典

二〇世紀満洲歴史事典

約800項目で満洲100年の歴史がわかる

 
満洲紳士録の研究

満洲紳士録の研究

満洲移民の活力に満ちた生涯とその時代

著者:小峰 和夫
 
 
満洲国のビジュアル・メディア

満洲国のビジュアル・メディア

建国から消滅までメディア戦略の全貌を検証

著者:貴志 俊彦
 
満洲国

満洲国

民族共生の道とは何か?

著者:塚瀬 進
 
 
満洲出版史

満洲出版史

法制や諸団体、各出版社の実態を解明する

著者:岡村 敬二
 
満州事変から日中全面戦争へ

満州事変から日中全面戦争へ 22

軍部の謀略と戦争「泥沼化」への道!

著者:伊香 俊哉
 
 
朝鮮総督府官僚の統治構想

朝鮮総督府官僚の統治構想

朝鮮―総督府―日本の相関関係の中で究明

著者:李炯植
 
日韓併合

日韓併合 47

要因を侵略過程と国際環境の両面から究明

著者:森山 茂徳
 
 

このページのトップへ