安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 百貨店で〈趣味〉を買う

百貨店で〈趣味〉を買う

大衆消費文化の近代

百貨店で〈趣味〉を買う

風流道具、人形玩具…。百貨店で販売された商品を取り上げ、その背後にある〈良い趣味〉を読み解き、その活動を考える。

著者 神野 由紀
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2015/04/28
ISBN 9784642082754
判型・ページ数 4-6・248ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/近代初期の消費と趣味の諸相(「良い趣味」を創り出す人々〈近代の茶の湯の成立と数寄者の出現/好古趣味の興隆〉/「良い趣味」を手に入れようとする人々〈紳士論の興隆―明治期の礼儀作法書に見る理想的男性像/初期消費文化の主役は女性なのか?〉)/美術をめぐる大衆の眼差し(百貨店と美術/中間層における美術品の役割)/風流の大衆化(美術―工芸―風流道具/風流道具の展開/昭和初期「国風」デザインと江戸趣味)/人形玩具趣味の興隆(好事家と家庭―雑誌『家庭と趣味』に見る大人本位の趣味/百貨店と人形玩具趣味の大衆化/関東大震災における人形玩具趣味の大衆化)/図版一覧

このページのトップへ

内容説明

明治末期以降に増加した都市部の新中間層は、それまで一部の好事家のものだった美術工芸品などの「趣味」に憧れ、手に入れようとした。そして、百貨店で手軽に獲得する方法を選ぶ。風流な道具や趣味の人形など、百貨店で販売された商品を取り上げ、その背後にある〈良い趣味〉を読み解く。「趣味の大衆化」を引き起こす場としての百貨店の活動を考える。

このページのトップへ

関連書籍

工芸とナショナリズムの近代

工芸とナショナリズムの近代

なぜ〈工芸〉は生まれたのか?

著者:木田 拓也
 
日本〈工芸〉の近代

日本〈工芸〉の近代

〈工芸〉は日本文化の表象たりえるのか?

著者:森 仁史
 
 

このページのトップへ