安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 史料が語る 三井のあゆみ

史料が語る 三井のあゆみ

越後屋から三井財閥

史料が語る 三井のあゆみ

江戸の豪商・三井高利から、近代の三井財閥時代に至る日本経済の巨人・三井。50のテーマと古文書や図版で350年の歴史をたどる。

著者 三井文庫
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2015/04/16
ISBN 9784642082778
判型・ページ数 B5・154ページ
定価 本体1,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

例言/三井のあゆみ(「元祖」三井高利/松坂の高利/江戸進出/「現金掛け値なし」/幕府御用の引き受け/高利の子供たち/事業の統合と「大元方」/危機と記録の時代/家訓「宗竺遺書」/大元方1 一族と店舗の統轄/大元方2 利益の集約/呉服店1 事業の構造と推移/呉服店2 「店前売」と巨大店舗/呉服店3 競争と販売/呉服店4 商品仕入の多様化/両替店1 両替業と御用/両替店2 事業の構造と推移/両替店3 領主たち/奉公人1 昇進と報酬/奉公人2 生活と管理/変わりゆく社会、三井の苦悩/開国と幕府の御用/新政府への加担/明治初期のリーダー/「バンク・オブ・ジャパン」構想/呉服店の分離/他)/三井家略系図/三井財閥の傘下企業/三井の修史と史料(三井の修史・史料保存と三井文庫/三井文庫の保存史料/三井文庫の刊行物一覧/年表 三井のあゆみ)/付録(図版一覧/執筆分担/三井文庫賛助会社一覧/三井文庫・三井記念美術館利用案内)

このページのトップへ

内容説明

江戸の豪商・三井高利に始まり、近代の三井財閥時代まで、日本経済の巨人・三井の歴史を、貴重な史料を読み解きながらわかりやすく概説する。後発業者の追い上げや不況、幕末明治の動乱などの困難な時代をいかに乗り越え成長発展を遂げたのか。その革新性や巨大組織の運営方法とは。豊富な図版と50のテーマで描く、三井350年のあゆみ。

三井文庫本館(史料館)ホームページへ

三井記念美術館ホームページへ

このページのトップへ

関連書籍

三井高利

三井高利

近世日本最大の財閥三井家の始祖

著者:中田 易直
 
近世三井経営史の研究

近世三井経営史の研究

為替取引と町人金融の実態、流通構造を解明

著者:賀川 隆行
 
 

このページのトップへ