安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本の軍隊を知る

日本の軍隊を知る 8

基礎知識編

日本の軍隊を知る

徴兵制や師団編制、軍人のありかたとその生活など、制度と実態の多様な項目を解説。現代のわれわれが軍隊を考えるための知識を集成。

著者 荒川 章二
河西 英通
坂根 嘉弘
坂本 悠一
原田 敬一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 地域のなかの軍隊
出版年月日 2015/05/25
ISBN 9784642064804
判型・ページ数 4-6・260ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

軍隊の存在した社会―プロローグ…原田敬一/Ⅰ 軍隊という制度(徴兵制の成立と変遷…秋山博志/徴兵忌避者と所在不明者―史料からどうせまるか…吉良芳恵/陸軍の部隊と駐屯地・軍用地…荒川章二/軍港・鎮守府・海軍工廠…坂根嘉弘・小野寺香月)/Ⅱ 軍人のありかた(地域社会に暮らす軍人たち―将校団・在郷軍人会・偕行社・水交社…河西英通/大元帥と皇族軍人…小田部雄次/軍事郵便…一ノ瀬俊也)/Ⅲ 軍隊での生活(秋季演習・大演習・特種演習―陸軍の軍事演習…中野 良/日本陸軍の軍事医療―病院・療養所…今西聡子/日清・日露戦争と従軍僧・従軍神官…山崎拓馬/軍馬…大瀧真俊

このページのトップへ

内容説明

戦前の社会において、人びとは身近に存在した軍隊といかに向き合っていたのか。徴兵制や師団編制、軍人のありかたとその生活など、制度と実態の多様な項目を解説。現代のわれわれが軍隊を考えるための知識を集成する。

このページのトップへ

関連書籍

大元帥と皇族軍人 大正・昭和編

大元帥と皇族軍人 大正・昭和編 429

天皇と皇族軍人の同調と不和の構図を追う!

著者:小田部 雄次
 
軍隊と地域社会を問う

軍隊と地域社会を問う 9

人々の生活の中の軍隊の風景。シリーズ完結

 
 
徴兵制と近代日本

徴兵制と近代日本

徴兵令制定~兵役法廃止まで70余年を辿る

著者:加藤 陽子
 
徴兵・戦争と民衆

徴兵・戦争と民衆

厭戦感情から戦争協力へ、民衆の心情を解明

著者:喜多村 理子
 
 
日本軍事史

日本軍事史

戦争を支えたシステムを詳述した初の通史

 
日本軍事史年表

日本軍事史年表

約5000の項目から、戦争と平和を学ぶ!

 
 
帝国支配の最前線

帝国支配の最前線 7

日本軍は植民地に何をもたらしたのか?

著者:坂本 悠一
 
古都・商都の軍隊

古都・商都の軍隊 4

近畿を護る〝農村〟と〝都会〟の軍隊に迫る

著者:原田 敬一
 
 
北の軍隊と軍都

北の軍隊と軍都 1

北の護りの役割と実態を描き出す

著者:山本 和重
 
軍都としての帝都

軍都としての帝都 2

絶えず軍事化する近代日本最大の軍都の実態

著者:荒川 章二
 
 
大陸・南方膨張の拠点

大陸・南方膨張の拠点 6

軍隊配備された都市の変容や地域関係を分析

著者:林 博史
 
列島中央の軍事拠点

列島中央の軍事拠点 3

多様な施設の配置が特徴の中部地方の実態

著者:河西 英通
 
 
西の軍隊と軍港都市

西の軍隊と軍港都市 5

近代における軍事の要であった「西」を探る

著者:坂根 嘉弘
 
 

このページのトップへ