安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦国貴族の生き残り戦略

戦国貴族の生き残り戦略 403

戦国貴族の生き残り戦略

公家は「たまたま」生き残った訳ではない! 守り抜かれた「久我家文書」から浮かび上がる、エリート貴族の苦悩としたたかさを描く。

著者 岡野 友彦
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2015/05/20
ISBN 9784642058032
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

中世の久我家と久我家文書―プロローグ/応仁・文明の乱と畿内近国(大乱のはじまりと近江鈎の陣/播磨赤松家と久我家/伊勢北畠家と久我家)/戦国時代の山城国久我荘(明応の政変と久我本荘/山城国久我荘の政所/山城国久我荘の千種祭)/年貢収入から商業課税へ(洛中立売課役と傾城局公事/座中天文騒動)/近世公家社会への転換(近衛家と天下人たち/久我敦通の勅勘とその後)/近世の久我家文書と久我家―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

戦国時代を生き抜いたのは、戦国武将や一揆の民衆たちだけではなかった。摂関家に次ぐ家格である清華(せいが)家の一つ、久(こ)我(が)家に伝わった『久我家文書』に光を当て、生き残りをかけた荘園経営の実態などから戦国貴族の苦悩としたたかさを読み解く。これまで重視されてきた文化的側面ではなく、経済的側面から戦国貴族の実像を浮き彫りにする注目の一冊。

このページのトップへ

関連書籍

戦国を生きた公家の妻たち

戦国を生きた公家の妻たち 269

夫婦同姓・同墓の謎に迫る

著者:後藤 みち子
 
公家事典

公家事典

中近世の公卿3000人の詳細データベース

著者:橋本 政宣
 
 
中世公家政治文書論

中世公家政治文書論

様式の体系と系譜、政治機構の変遷を分析

著者:富田 正弘
 
中世の武家と公家の「家」

中世の武家と公家の「家」

「家」の実態を文化と経済の両面から解明

著者:菅原 正子
 
 

このページのトップへ