安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > ザビエルと東アジア

ザビエルと東アジア

パイオニアとしての任務と軌跡

ザビエルと東アジア

宣教師ザビエルの教皇大使の資格に着目し、東アジア全体を見据えた布教構想を発見。異教徒改宗に専念した人物という通説を見直す。

著者 岸野 久
ジャンル 日本歴史 > 中世史
宗教史 > キリスト教
出版年月日 2015/06/04
ISBN 9784642029261
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章―本書のねらい/ザビエルの資格(ザビエルのタイトル「ヌンシオ」とその訳語/教皇大使としてのフランシスコ・ザビエル/附論1 フランシスコ・ザビエルとフライレ―アジア布教の協働者として/附論2 ザビエル書翰のフライレ(またはフラーデ)の定義について)/「国王巡察使」としてのフランシスコ・ザビエル)/東アジア布教構想(フランシスコ・ザビエルの東アジア布教構想/「東アジア布教構想」の端緒とガスパル・バルゼウ/ザビエルによる第二次宣教団来日命令(一五四九年)の展開と意義―「日本布教構想」との関連/ガスパル・バルゼウの中国プロジェクト/ザビエル中国行きの理由―日本改宗のためか/ザビエルの「中国遣使・開教プロジェクト」とその顛末/附論 要塞都市マラッカにおけるザビエル)/終章 ザビエルのパイオニア性(補論 ザビエルの周辺/日本人アンジローの最期に関する新史料/『フロイス・日本史』の史料性―「大日」論争の分析を通して/ジパングとジャポンの同定者ギョーム・ポステル―フランスにおける日本研究の端緒)

このページのトップへ

内容説明

没後まもなく神格化がすすんだ宣教師ザビエルに対する研究は、主として教会関係者によって、イエズス会士としての働きが明らかにされて来た。ローマ教皇より教皇(ヌン)大使(シオ)に任命されていたことに改めて着目し、日本だけではなく中国を含む東アジア全体を見据えたザビエルの布教構想を発見。異教徒改宗に専念した人物というこれまでの通説を見直す。

このページのトップへ

関連書籍

世界史のなかの天正遣欧使節

世界史のなかの天正遣欧使節

日欧双方に衝撃を与えた彼らの全貌に迫る!

著者:伊川 健二
 
徳川初期キリシタン史研究 補訂版

徳川初期キリシタン史研究 補訂版

特に日本人宣教者の位置づけを試みた労作

著者:五野井 隆史
 
 
ザヴィエル

ザヴィエル

東洋伝道の使徒、わが国最初の布教者

著者:吉田 小五郎
 
ザビエルの同伴者 アンジロー

ザビエルの同伴者 アンジロー 126

アンジローに学ぶ異文化コミュニケーション

著者:岸野 久
 
 
日本キリスト教史

日本キリスト教史

やさしく描き出したキリスト教史の入門書

著者:五野井 隆史
 
キリシタンの文化

キリシタンの文化 67

徳川幕府の迫害下に生き続けた文化を探る

著者:五野井 隆史
 
 
島原の乱とキリシタン

島原の乱とキリシタン 14

潜伏キリシタンと百姓はなぜ蜂起し敗れたか

著者:五野井 隆史
 
カクレキリシタンの実像

カクレキリシタンの実像

日本民衆のキリスト教受容の実像に迫る!

著者:宮崎 賢太郎
 
 

このページのトップへ