安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 石谷家文書 将軍側近のみた戦国乱世

石谷家文書 将軍側近のみた戦国乱世

石谷家文書 将軍側近のみた戦国乱世

林原美術館に眠っていた戦国時代の新出史料。長宗我部元親関連、本能寺の変、石谷家の由緒・権利関係…。写真と翻刻で全容がわかる!

著者 浅利 尚民
内池 英樹
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 史料・史料集
出版年月日 2015/06/01
ISBN 9784642082631
判型・ページ数 A5・176ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はしがき/林原美術館所蔵石谷家文書(林原美術館什物…浅利尚民/石谷家文書の概要…内池英樹)/史料編(一巻 史料1~17〈コラム1 近衛前久と奉公衆石谷氏…内池昭子/コラム2 石谷家文書と池田家文書から見る小牧・長久手の戦い…浅利尚民/コラム3 土佐一条氏と長宗我部氏…内池昭子〉/二巻 史料18~34〈コラム4 元親の花押…野本 亮/コラム5 面目躍如たる「しと/\」…津野倫明〉/三巻 史料35~47〈コラム6 足利義昭と石谷氏…内池英樹/コラム7 石谷民部少輔と長宗我部氏…野本 亮〉)/参考文献/関係地図/石谷家文書一覧/年表

このページのトップへ

内容説明

16世紀半ばの時代状況をよく伝え、室町幕府奉公衆だった石谷(いしがい)光政(みつまさ)・頼(より)辰(とき)の親子二代に関連する全3巻47通からなる貴重な文書群。その全容を解明するべく、すべての写真と翻刻を掲載し解説を付す。由緒や権利に関する書状から姻戚関係、長宗我部元親に関するもの、そして注目の本能寺の変前後の書状まで、戦国時代史の解明に一石を投じる話題の史料。

このページのトップへ

関連書籍

天下人の書状をよむ

天下人の書状をよむ

信長・秀吉・家康の貴重な書簡を一挙公開

 
戦国時代の足利将軍

戦国時代の足利将軍 323

なぜ足利将軍は滅亡しなかったのか

著者:山田 康弘
 
 
長宗我部元親と四国

長宗我部元親と四国

千変万化する四国の覇者、元親の実像に迫る

著者:津野 倫明
 
長宗我部氏の研究

長宗我部氏の研究

通説に対し新たな視点を提示する意欲作

著者:津野 倫明
 
 
長宗我部元親

長宗我部元親

南国文化築く遺風今に伝わる戦国土佐名将伝

著者:山本 大
 
検証 本能寺の変

検証 本能寺の変 232

決着、本能寺論争。信長を殺したのは誰か?

著者:谷口 克広
 
 
明智光秀

明智光秀

主君弑逆の原因如何。心理を分析し謎を解く

著者:高柳 光壽
 
織田信長

織田信長 272

英雄視する後世の評価を再考した等身大の姿

著者:池上 裕子
 
 
織田信長権力論

織田信長権力論

史料を丹念に読み解き、新たな信長像を解明

著者:金子 拓
 
 

このページのトップへ