安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 天下統一とシルバーラッシュ

天下統一とシルバーラッシュ 404

銀と戦国の流通革命

天下統一とシルバーラッシュ

石見銀山の開発を契機に、日本経済や東アジア貿易、国際関係は激変した。銀の支配と流通から西国大名の貿易や織豊政権の物流を活写。

著者 本多 博之
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2015/06/22
ISBN 9784642058049
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

シルバーラッシュと東アジア世界―プロローグ/石見銀山の発見と開発 一五二〇年代~四〇年代(石見銀山の発見と開発/日本銀の海外流出/中国商人・ヨーロッパ人の日本進出)/戦国大名と銀 一五五〇年代~八〇年代前半(東アジア世界の動きと銀の国内流通/大名権力と銀/西国大名の外交・貿易/織田信長と金銀・米)/豊臣政権と銀 一五八〇年代後半~九〇年代(豊臣政権の誕生と物流・貿易の変化/天下人と大名/第一次朝鮮出兵と講和・休戦期/第二次朝鮮出兵と政権末期の情勢)/徳川政権の誕生と銀―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

16世紀前半の石(いわ)見(み)銀山の発見と開発は、日本経済はもとより、世界史上の東アジア貿易や国際関係にどのような影響を与えたのか。銀の支配と流通の視点から、毛利・大友氏ら西国大名の貿易・外交や、織豊政権の物流など政治・経済の変化を活写する。戦国乱世から徳川政権誕生へと続く“天下取り”の時代を、激動する東アジア世界の中に位置づける。

このページのトップへ

関連書籍

地球的世界の成立

地球的世界の成立 5

独自の小帝国を形成する16~17世紀日本

 
天下統一と朝鮮侵略

天下統一と朝鮮侵略 13

信長・秀吉がめざした〈天下統一〉の真実

著者:池 享
 
 

このページのトップへ