安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 神都物語

神都物語 405

伊勢神宮の近現代史

神都物語

変化する式年遷宮、脱法人化…。天照大神を天皇家の祖先神として祀る伊勢神宮。時代状況に合わせ変容する伊勢の近現代史を描き出す。

著者 ジョン・ブリーン
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2015/06/22
ISBN 9784642058056
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

伊勢神宮というパラドックス―プロローグ/「神都」の形成過程 明治期の伊勢神宮(近代の神宮と天皇の「大廟」/近代の宇治山田と地域社会/神苑会と「神都」の形成)/大正・昭和期の国民と伊勢神宮(一九二九年の式年遷宮/大正・昭和の伊勢神宮を語る/伊勢神宮の広報/伊勢の参拝空間)/戦後日本と伊勢神宮(終戦の危機と式年遷宮―一九五三年/伊勢神宮の「脱法人化」と式年遷宮―一九七三年/聖地と俗地の伊勢―一九九三年の式年遷宮)/伊勢神宮の現在―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

天照大神を天皇家の祖先神として祀り、豊かな歴史を持つ伊勢神宮。近代国家により天皇を権威づける存在として大きく変貌するなか、それまで伊勢参りとして栄えた庶民の聖地も「神都」として生まれ変わっていく。戦前・戦後の変化する式年遷宮や、脱法人化、マスコミ報道など、時代状況に合わせて柔軟に変容する伊勢のダイナミックな近現代史を描く。

このページのトップへ

関連書籍

伊勢神宮の成立

伊勢神宮の成立

天照大神はいつ、なぜ伊勢の地に祭られたか

著者:田村 圓澄
 
伊勢神宮を造った匠たち

伊勢神宮を造った匠たち

建築の伝統を守り続けた匠たちの1200年

著者:浜島 一成
 
 
伊勢神宮と古代の神々

伊勢神宮と古代の神々 4

謎の多い神宮の歴史を追究する

著者:直木 孝次郎
 
国家神道と民衆宗教

国家神道と民衆宗教

国家神道と民衆宗教の対決を鮮明に対置

著者:村上 重良
 
 
中世伊勢神宮史の研究

中世伊勢神宮史の研究

史実と神道教義両面から総合的に考察する

著者:平泉 隆房
 
奈良と伊勢街道

奈良と伊勢街道 34

古都奈良とお伊勢参りの道をゆく

 
 
日本神道史

日本神道史

今も人々の生活に息づく神道の世界を解明

著者:岡田 荘司
 
神道史大辞典

神道史大辞典

日本人の心の原点“神道”の姿とは

著者:薗田 稔
橋本 政宣
 
 

このページのトップへ