安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 盆行事と葬送墓制

盆行事と葬送墓制

盆行事と葬送墓制

墓地で飲食する、庭先に盆棚をつくる、墓参りをしない、土葬がなくなる…。先祖の霊を祀る「お盆」と「葬送」の地域差と現在に迫る!

著者 関沢 まゆみ
国立歴史民俗博物館
ジャンル 民俗学 > 概説・民俗一般
シリーズ 日本史 > 歴博フォーラム
出版年月日 2015/06/25
ISBN 9784642082785
判型・ページ数 4-6・260ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

民俗研究映像「盆行事とその地域差」―盆行事の民俗史/火葬化の現在史…関沢まゆみ/葬儀は誰がするのか、してきたのか?―血縁・地縁・無縁の三波展開…新谷尚紀/祖霊とみたまの歴史と民俗…大本敬久/葬送と衛生観念―山形県内の事例を参考にみる移り変り…小田島建己/自動車社会化と沖縄の祖先祭祀…武井基晃/列島の民俗文化と比較研究…小川直之/討論(盆行事の起源/盆行事と共同飲食/死と穢れ―二種類のケガレ/火葬の普及と洗骨の終焉―沖縄県・鹿児島県与論島/遺骸葬から遺骨葬へ/村ごとの葬儀マニュアルの解体、家族葬の普及/葬儀の商品化時代と多様な選択肢)

このページのトップへ

内容説明

お盆の行事には先祖の眠る墓地で飲食する地域や、死穢(しえ)の場所として忌避し墓参りもしない地域など、日本の各地で大きな違いがある。また、近年は火葬の普及で、土葬がほとんど姿を消した。こうした葬送墓制の地域差の意味と、現代の大きな変化とを柳田國男が提唱した比較研究法により分析。葬送と供養の伝統がなぜ変容したのか、その意味を問い直す。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代中世の葬送と社会

日本古代中世の葬送と社会

当時の葬送の実態を明らかにし死生観に迫る

著者:島津 毅
 
〈総合資料学〉の挑戦

〈総合資料学〉の挑戦

歴博発、日本史研究の概要と実践例を紹介!

 
 
日本古代の喪葬儀礼と律令制

日本古代の喪葬儀礼と律令制

唐令の影響を受けた喪葬令の実態を解明する

著者:稲田 奈津子
 
葬式は誰がするのか

葬式は誰がするのか

葬儀とその担い手の変遷を民俗学から解明

著者:新谷 尚紀
 
 
墓と葬送のゆくえ

墓と葬送のゆくえ 391

新しい葬法の問題点を指摘し「埋葬」を問う

著者:森 謙二
 
墓と葬送の社会史

墓と葬送の社会史

社会を映し出す鏡「墓」の歴史を読み解く

著者:森 謙二
 
 
お葬式

お葬式

習俗、弔い方、死生観など、死の歴史を再考

著者:新谷 尚紀
 
日本葬制史

日本葬制史

古来、人々は死者をどう弔ってきたのか

著者:勝田 至
 
 
古墳時代の葬制と他界観

古墳時代の葬制と他界観

古墳づくりを含む葬送儀礼の実態!

著者:和田 晴吾
 
中世の葬送・墓制

中世の葬送・墓制

豊富な事例を通して葬送儀礼の淵源に迫る!

著者:水藤 真
 
 
民俗小事典 死と葬送

民俗小事典 死と葬送

日本人は「死」をどう迎えてきたか

 
 

このページのトップへ