安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 北の原始時代

北の原始時代 1

北の原始時代

多くの出土品から、細石刃文化、縄文の土器と集落、亀ヶ岡文化などに迫る。東アジアで独自の発展を遂げた、東北文化の夜明けを描く。

著者 阿子島 香
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
考古学 > 考古一般
シリーズ 東北の古代史
出版年月日 2015/07/27
ISBN 9784642064873
判型・ページ数 4-6・270ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序 石器時代の東北…阿子島 香/氷河時代の人類生活を探る…阿子島 香(本州島北東部の初期的適応/九州島から本州島北東部までの人類拡散)/旧石器人の装備と変動…沢田 敦(発見された東北日本の旧石器人類文化/後期旧石器時代の東北日本―人類活動の舞台としての環境/石器研究の方法/石器群の変遷と環境変動)/コラム 年代測定と暦年較正/地球温暖化と縄文的適応へ…鹿又喜隆(更新世末から完新世初頭の環境変動/旧石器時代の終わりと寒冷化/温暖化と寒の戻り/温暖化と縄文社会の成立)以下細目略/東北縄文集落の姿…菅野智則/コラム 貝塚からわかること/縄文土器と原始社会…水沢教子/コラム 東北縄文時代人の身体―顔つき、体格、身長/亀ヶ岡文化の実像…関根達人/東北アジアのなかの東北先史文化…福田正宏/略年表

このページのトップへ

内容説明

原始時代の「東北」で、人びとはいかに生活を営んだのか。多くの出土品から、旧石器の利器と技法、細石刃文化、縄文の土器と集落、亀ヶ岡文化などに迫る。東アジアの中で独自の発展を遂げた、東北文化の夜明けを描く。

このページのトップへ

関連書籍

ここまで変わった日本史教科書

ここまで変わった日本史教科書

記述の変化と根拠となる研究の進展を解説

 
島国の原像

島国の原像

“楽しい考古学”の深層に迫る斬新な文明史

著者:水野 正好
 
 
史跡で読む日本の歴史 1

史跡で読む日本の歴史 1

原始古代人が生きた時代を史跡から復元する

著者:玉田 芳英
 
一万年前を掘る

一万年前を掘る

縄文草創期の全体像をダイナミックに描く

 
 
倭国のなりたち

倭国のなりたち 1

〝はじまり〟を描く、あたらしい古代史

著者:木下 正史
 
日本文化のあけぼの

日本文化のあけぼの 20

日本文化の歴史的理解に資する好著

著者:八幡 一郎
 
 

このページのトップへ