安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 蝦夷と城柵の時代

蝦夷と城柵の時代 3

蝦夷と城柵の時代

古代国家は蝦夷の地へ進出し、交流と軋轢が生まれた。古代国家の蝦夷支配の変遷や蝦夷の生活文化に迫り、古代東北の転換点を描く。

著者 熊谷 公男
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 東北の古代史
出版年月日 2015/11/27
ISBN 9784642064897
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序 国家支配のはじまりと蝦夷の抵抗…熊谷公男/城柵の設置と新たな蝦夷支配…永田英明(改新政治と東北/斉明朝の北方政策/出羽国の成立と陸奥国の再編/多賀城創建と辺境政策の転換/出羽柵の秋田移転と奥羽連絡路の開削/天平産金/城柵制支配と蝦夷)/コラム 渤海使の出羽への来航/律令国家形成期の移民と集落…菅原祥夫(歴史的沿革/大化前代の様相/大化以後の様相/移民の出身地と移配先の関係/文献史学との対照)/版図の拡大と城柵…村田晃一(城柵の出現―七世紀中頃から八世紀初頭/城柵の定型化―八世紀前半/城柵の多様化―八世紀後半/飛鳥・奈良時代につくられた城柵の特質)/コラム 伊治城の弩/北縁の蝦夷社会…宇部則保(集落の展開/末期古墳の成立と展開/日本海側の様相/擦文社会の成立と東北北部)/コラム アイヌ語地名/東北への仏教の伝来と寺院造営・瓦生産…佐川正敏(日本への仏教伝来と初期寺院の造営/領土拡大政策と陸奥国への仏教伝来/藤原京遷都と郡山遺跡Ⅱ期官衙および附属寺院の造営/郡山遺跡Ⅱ期官衙段階の陸奥国各郡の寺院造営と伽藍配置/郡山遺跡Ⅱ期官衙段階陸奥国各郡のその他の寺院造営/陸奥国初期寺院の軒瓦生産と関東造瓦生産の支援体制)/出土文字資料と多賀城碑…吉野武(出土文字資料/多賀城碑)/蝦夷支配体制の強化と戦乱の時代への序曲…熊谷公男(藤原仲麻呂政権の積極的版図拡大策/蝦夷の反発と柵戸・城柵の変化/東北の豪族/称徳・道鏡政権下の蝦夷政策/三十八年戦争の勃発とその原因)/参考文献/略年表

このページのトップへ

内容説明

古代国家は蝦夷の地へ進出し、渟(ぬ)足(たり)柵や多賀城などの城柵を築く。そこにうまれた交流と軋轢は、東北にいかなる歴史的変化をもたらしたのか。古代国家の蝦夷支配の変遷や蝦夷の生活文化に迫り、古代東北の転換点を描く。

このページのトップへ

関連書籍

東北の名城を歩く 南東北編

東北の名城を歩く 南東北編

名城66を最新の発掘成果で紹介。図版多数

著者:飯村 均
室野 秀文
 
日本城郭史

日本城郭史

「軍事」と「日常」という視点で実態に迫る

 
 
ここまで変わった日本史教科書

ここまで変わった日本史教科書

記述の変化と根拠となる研究の進展を解説

 
古代を考える 多賀城と古代東北

古代を考える 多賀城と古代東北

政治・軍事の拠点=多賀城の実態に迫る

 
 
古代蝦夷

古代蝦夷

実像に迫り、北日本古代史を解明した名著

著者:工藤 雅樹
 
古代蝦夷を考える

古代蝦夷を考える

なぜエミシ・エゾでなくエビスと呼ぶのか?

著者:高橋 富雄
 
 
蝦夷と東北戦争

蝦夷と東北戦争 3

征夷とは? 蝦夷支配の真実に迫る

著者:鈴木 拓也
 
藤原仲麻呂

藤原仲麻呂

悲劇の宰相の生涯から奈良朝史の秘鍵を解く

著者:岸 俊男
 
 
奈良朝の政変と道鏡

奈良朝の政変と道鏡 2

〝悪僧〟イメージに埋もれた真の姿とは?

著者:瀧浪 貞子
 
日本古代都城制と城柵の研究

日本古代都城制と城柵の研究

宮都の構造と城柵の実態に考古学から迫る

著者:阿部 義平
 
 
古代蝦夷からアイヌへ

古代蝦夷からアイヌへ

文化的変容を考古学と文献史学から考察

 
古代東北の蝦夷と北海道

古代東北の蝦夷と北海道

広い視野から蝦夷の実像を多角的に解明する

著者:関口 明
 
 

このページのトップへ