安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 伊達氏と戦国争乱

伊達氏と戦国争乱 4

伊達氏と戦国争乱

伊達氏の登場から奥羽仕置まで、陸奥・出羽の大名・領主らの動向と争乱を描く。居城や領地、民衆の生活まで東北の戦国社会が甦る。

著者 遠藤 ゆり子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 東北の中世史
出版年月日 2015/12/21
ISBN 9784642064958
判型・ページ数 4-6・318ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序 戦国時代の東北…遠藤ゆり子/伊達氏、戦国大名へ…菅野正道(伊達氏の台頭/領国支配の整備/天文の乱と有力家臣の台頭/伊達・蘆名同盟/政宗登場)/コラム 伊達政宗の野望?/南奥の国衆と佐竹氏…垣内和孝(南奥の国衆/佐竹氏の南奥侵攻/佐竹氏と伊達氏の相克)/大崎氏と近隣国衆…佐藤貴浩(各氏の出自と一六世紀初頭の動向/伊達天文の乱前後の中奥/奥羽仕置への道程)/最上氏と出羽の領主…金子 拓(戦国時代の出羽/下国安藤氏の檜山進出と庄内の争乱(永正年間から天文年間前半まで)/小野寺氏・大宝寺氏・安藤氏の権力確立(天文年間後半から元亀年間)/庄内・仙北をめぐる動乱(元亀年間から天正年間)/天下人と戦国出羽)/北奥の戦国争乱…熊谷隆次(戦国争乱のはじまりと北奥/三戸氏の戦国大名化と室町的秩序の解体/戦国末期の争乱と豊臣政権への接近)/コラム 鼎印と奥羽の戦国大名/中世城郭群…松岡 進(東北地方北部の城郭プラン/境目の領域/本拠の領域/大名と城郭群)/戦国期奥羽の宗教と文化…佐々木 徹(奥羽における仏教諸宗派の展開/霊山・霊場と奥羽社会/戦国大名・国衆らの政治と信仰・文化)/戦国の村町…遠藤ゆり子(「東北の村町」の発見/戦国社会に生きる)/東北と統一権力…遠藤ゆり子(織田信長と東北/豊臣秀吉と東北)/コラム 遠藤家文書

このページのトップへ

内容説明

戦国期の東北は一時の停戦・和睦を除き、常に戦争が繰り広げられていた。伊達氏の登場から奥羽仕置まで、陸奥・出羽の大名・領主らの動向と各地の争乱を描き、その居城や領地、民衆の生活まで東北の戦国社会が甦る。

このページのトップへ

関連書籍

伊達政宗と南奥の戦国時代

伊達政宗と南奥の戦国時代

政宗による統一過程を文献・考古から追究

著者:垣内 和孝
 
伊達政宗の研究(新装版)

伊達政宗の研究(新装版)

政宗の全貌に鋭く迫る大著。待望の復刊

著者:小林 清治
 
 
ここまで変わった日本史教科書

ここまで変わった日本史教科書

記述の変化と根拠となる研究の進展を解説

 
最上義光

最上義光 285

出羽57万石の礎を築いた戦国武将の生涯

著者:伊藤 清郎
 
 
戦国時代の南奥羽社会

戦国時代の南奥羽社会

大名たちの領国支配や地域社会の特徴に迫る

著者:遠藤 ゆり子
 
東北近世の胎動

東北近世の胎動 5

近世への転換期の東北を多様な視点で描く

著者:高橋 充
 
 
伊達政宗

伊達政宗

独眼よく奥羽を制覇し屈指の大藩築いた生涯

著者:小林 清治
 
奥羽仕置の構造

奥羽仕置の構造

奥羽仕置の実態を横断面的分析から解明する

著者:小林 清治
 
 
奥羽から中世をみる

奥羽から中世をみる

平泉政権、安藤・伊達氏、奥羽仕置など探る

 
中世奥羽の民衆と宗教

中世奥羽の民衆と宗教

宗教と社会との関わりを民衆の視座から考察

著者:誉田 慶信
 
 
仙台・松島と陸前諸街道

仙台・松島と陸前諸街道 8

みちのくの都〈仙台〉と奥の細道をゆく

 
 

このページのトップへ