安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近衛文麿

近衛文麿 282

近衛文麿

首相を三度務めた昭和前期の政治家。太平洋戦争開戦直前まで政治の中枢にあった生涯を描き、人気取り政治家と言われた通説を見直す。

著者 古川 隆久
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 近代
出版年月日 2015/09/14
ISBN 9784642052757
判型・ページ数 4-6・304ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はしがき/生い立ち(家系/父篤麿/一高・京大時代/近衛という人物)/貴族政治家として(パリ講和会議に参加/国論一致をめざして/満洲事変に直面して/首相就任を辞退)/首相となる(組閣事情/日中戦争の勃発/日中戦争長期化へ/内閣の大改造/東亜新秩序声明)/再び首相として(第二次内閣の組閣事情/第二次内閣の政策/新体制運動の展開と挫折/日米交渉)/首相退任後(東条内閣期/近衛上奏文/憲法改正に従事/戦犯指名)/おわりに/略系図/略年譜

このページのトップへ

内容説明

昭和前期の政治家。摂関家嫡流の公爵家長男に生まれ、元老西園寺公望の側近や貴族院議長などをへて首相を三度務めた。「国民政府を対手とせず」声明や東亜新秩序声明を出し、国家総動員法の制定、大政翼賛会の発足、日独伊三国同盟を締結させた。太平洋戦争開戦直前まで政治の中枢にあって、戦後、戦犯指名を受けて服毒自殺に至った生涯を描く。

このページのトップへ

関連書籍

日本陸軍の対ソ謀略

日本陸軍の対ソ謀略

新視点で実態を再考し、戦略的関係に迫る。

著者:田嶋 信雄
 
総力戦のなかの日本政治

総力戦のなかの日本政治 6

総力戦の時代とは何だったのか?

著者:源川 真希
 
 
尾崎秀実とゾルゲ事件

尾崎秀実とゾルゲ事件

事件の真相と尾崎の実像を新資料から解明

著者:太田 尚樹
 
「昭和天皇実録」講義

「昭和天皇実録」講義

出生から逝去まで、要点をわかりやすく解説

 
 
満州事変から日中全面戦争へ

満州事変から日中全面戦争へ 22

軍部の謀略と戦争「泥沼化」への道!

著者:伊香 俊哉
 
アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争 23

なぜアメリカとの無謀な戦争に突入したか

著者:吉田 裕
森 茂樹
 
 
昭和天皇側近たちの戦争

昭和天皇側近たちの戦争 296

天皇の忠臣たちの目からみた戦争の昭和史

著者:茶谷 誠一
 
ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
 
昭和史をさぐる

昭和史をさぐる

一次史料で読む昭和史のターニングポイント

著者:伊藤 隆
 
海軍将校たちの太平洋戦争

海軍将校たちの太平洋戦争 383

敗戦に何を学ぶか? 組織のあり方を考える

著者:手嶋 泰伸
 
 
大日本帝国の崩壊

大日本帝国の崩壊 25

〈戦争の時代〉を国民意識の視点から考える

著者:山室 建徳
 
歴代内閣・首相事典

歴代内閣・首相事典

伊藤博文から鳩山由紀夫まで網羅した決定版

著者:鳥海 靖
 
 
昭和戦前期の宮中勢力と政治

昭和戦前期の宮中勢力と政治

政局に与えた影響から、天皇制の変遷を解明

著者:茶谷 誠一
 
 

このページのトップへ