安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 空海の文字とことば

空海の文字とことば 412

空海の文字とことば

書の達人、空海。梵字や文房四宝(筆・墨・紙・硯)、喫茶、綜芸種智院などのエピソードを紹介。書や文字、ことばをめぐる姿を辿る。

著者 岸田 知子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 2015/10/20
ISBN 9784642058124
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

空海と書―プロローグ/空海と文字(空海と梵字〈「真言七祖像」の梵字/空海の梵字習得/梵字悉曇/空海の梵字開眼伝説/「五十音図」/最古の「五十音図」/空海と種子曼荼羅〉以下細目略/空海と異体字/空海と雑体書)/空海と書(空海と橘逸勢/空海と孫過庭『書譜』/嵯峨天皇へのおみやげ)/空海の愉しみ(空海と「文房四宝」/空海と茶/空海の学校―綜芸種智院)/空海とことば(マーラー「大地の歌」と空海/空海の対句表現/『三教指帰』あれこれ)/文字への興味―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

真言宗の祖、弘法大師空海は五(ご)筆(ひつ)和(わ)尚(じょう)と呼ばれた書の達人でもある。遣唐使として学んだ梵字や「五十音図」とのかかわり、異体字、文房四宝(筆・墨・紙・硯)の製作、教育機関「綜(しゅ)芸(げい)種(しゅ)智院(ちいん)」の構想など、空海にまつわるさまざまなエピソードを紹介。三筆(橘逸勢(はやなり)・嵯峨天皇)との交流に触れつつ、書や文字、ことばをめぐる空海の姿をたどる。

このページのトップへ

関連書籍

空海伝の研究

空海伝の研究

後半生の諸問題を解明し、空海伝を見直す

著者:武内 孝善
 
密教の聖者 空海

密教の聖者 空海 4

真言密教の大成者=弘法大師の実像とは。

 
 
遺墨選集

遺墨選集

90名の遺墨を選んでその伝記と内容を解説

著者:日本歴史学会
 
知っておきたい 名僧のことば事典

知っておきたい 名僧のことば事典

今なお心に響く、名僧34名の珠玉のことば

著者:中尾 堯
今井 雅晴
 
 
事典 日本の名僧

事典 日本の名僧

最も精確な「名僧事典」の決定版

著者:今泉 淑夫
 
事典 日本の仏教

事典 日本の仏教

日本人は仏教をどう理解し実践してきたのか

著者:蓑輪 顕量
 
 

このページのトップへ