安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > モニュメントの20世紀

モニュメントの20世紀

タイムカプセルが伝える〈記録〉と〈記憶〉

モニュメントの20世紀

記録の保存、記憶の伝達…。紀元二千六百年と万国博覧会を契機に日米を席巻した未来へ記念碑、タイムカプセルの全貌を探る。

著者 坂口 英伸
ジャンル 美術史 > 日本美術史
シリーズ シリーズ 近代美術のゆくえ
出版年月日 2015/11/27
ISBN 9784642038461
判型・ページ数 A5・284ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

プロローグ 紀元二千六百年とタイムカプセル/第一次タイムカプセル・ブーム(タイムカプセルとは何か〈「時空」の概念の併称/タイムカプセル研究とその動向〉以下細目略/紀元二千六百年/紀元二千六百年文化柱/千年保存計画)/海を渡るタイムカプセル(キュパロイ製タイムカプセル/文明の地下室/『大正十二年関東震災殃死者名簿』の保存筒/日米間の影響関係)/タイムカプセルをめぐる時間と空間(タイムカプセルと時間/タイムカプセルと空間)/タイムカプセルの戦後(時代に翻弄されるタイムカプセル/タイムカプセルとSF小説/タイム・カプセルEXPO70/多様化するタイムカプセル)/エピローグ タイムカプセルの現在と未来/関連年表/図版目録

このページのトップへ

内容説明

紀元二千六百年と万国博覧会を契機に日米を席巻したタイムカプセル。相互影響関係の下、日米は科学技術を駆使した記念品の永続的保存を目指したが、日本は神話的歴史の超世代的伝達をも追求した。戦前から戦後にかけて計画された事例を豊富に取り上げ、その多様性と特徴を解明。未来への伝言を封じ込めた記念碑(モニユメント)=タイムカプセルを論じる初の書。

このページのトップへ

関連書籍

社会とつながる美術史学

社会とつながる美術史学

社会にとって美術の持つ意味とは何か?

著者:太田 智己
 
明治絵画と理想主義

明治絵画と理想主義

「理想」とは何か?美学的背景から考察する

著者:植田 彩芳子
 
 
日本〈工芸〉の近代

日本〈工芸〉の近代

〈工芸〉は日本文化の表象たりえるのか?

著者:森 仁史
 
美術のアイデンティティー

美術のアイデンティティー

日本美術の〝いま〟を考える

著者:佐藤 道信
 
 
生きつづける光琳

生きつづける光琳

時空を超えて生き続ける軌跡を辿る

著者:玉蟲 敏子
 
好古家たちの19世紀

好古家たちの19世紀

好古家たちの姿から美術史を再考

著者:鈴木 廣之
 
 

このページのトップへ