安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 尚氏と首里城

尚氏と首里城

尚氏と首里城

戦乱の沖縄島を統一し「琉球王国」を建国した尚巴志と、王朝を継ぎ王国統治を確固たるものにした尚円。その覇業と王国の盛衰を描く。

著者 上里 隆史
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 人をあるく
出版年月日 2015/12/25
ISBN 9784642067898
判型・ページ数 A5・152ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

天下人・尚巴志と尚円/Ⅰ 尚氏の履歴書―琉球王国の盛衰(「戦国」と「交易」の時代到来/尚巴志の登場と第一尚氏王朝の成立/第一尚氏王朝の動揺/第二尚氏王朝の成立)/【コラム】古琉球の武器・武具/古琉球の文書と印章/Ⅱ アジアのなかの琉球王国(華人ネットワークと中国・東南アジア貿易/倭人ネットワークと日本・朝鮮貿易/海域アジアの「倭寇的状況」と琉球)/【コラム】沖縄の主要港湾/王権の象徴・中国冠服/Ⅲ 首里城と古琉球の史跡をあるく(佐敷グスク/島添大里グスク/浦添グスク・浦添ようどれ/今帰仁グスク/首里城(中山門・守礼門/瑞泉門/京の内/正殿・御庭/龍潭/円覚寺跡/玉陵)/園比屋武御嶽石門/円鑑池と弁財天堂/勝連グスク/座喜味グスク/中城グスク/内間御殿跡/御物グスク/末吉宮)/略年表

このページのトップへ

内容説明

15世紀、戦乱の沖縄島を統一し「琉球王国」を建国した尚(しょう)巴(は)志(し)と、王朝を継いで王国統治を確固たるものにした尚(しょう)円(えん)。度重なる抗争やアジア諸国との交流を描き、古琉球の史跡を訪ねながら、彼らの覇業と王国の盛衰に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

日本城郭史

日本城郭史

「軍事」と「日常」という視点で実態に迫る

 
琉球王国と戦国大名

琉球王国と戦国大名 421

琉球と島津氏の相克の歴史を辿る!

著者:黒嶋 敏
 
 
古代の琉球弧と東アジア

古代の琉球弧と東アジア 343

謎につつまれた古代琉球列島の全貌に迫る!

著者:山里 純一
 
アジアのなかの琉球王国

アジアのなかの琉球王国 47

アジアに雄飛した琉球王国の壮大な物語

著者:高良 倉吉
 
 
琉球・沖縄史の世界

琉球・沖縄史の世界 18

自立した視点から描くの琉球・沖縄史

著者:豊見山 和行
 
琉球と中国

琉球と中国 153

琉球王国の歴史はなぜ消し去られたか

著者:原田 禹雄
 
 
琉球・沖縄と海上の道

琉球・沖縄と海上の道 56

海上交通ネットワークの要=琉球・沖縄の姿

 
沖縄民俗辞典

沖縄民俗辞典

沖縄社会のすべてを知る、初めての民俗辞典

 
 
琉球国の滅亡とハワイ移民

琉球国の滅亡とハワイ移民 369

ハワイ移民が語った王国滅亡と等身大の歴史

著者:鳥越 皓之
 
琉球王国の外交と王権

琉球王国の外交と王権

王国独自の政治外交と王権の特質に迫る

著者:豊見山 和行
 
 
近世琉球と中日関係

近世琉球と中日関係

両国を仲介する二面外交の実態などを探る

著者:渡辺 美季
 
奄美諸島編年史料 古琉球期編上

奄美諸島編年史料 古琉球期編上

膨大な史料をもとに奄美諸島の歴史を解明

著者:石上 英一
 
 

このページのトップへ