安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > タネをまく縄文人

タネをまく縄文人 416

最新科学が覆す農耕の起源

タネをまく縄文人

X線写真・CTスキャン・3D画像…。最新技術が検出した土器の中に眠る考古資料「タネ」「ムシ」から、縄文人の食生活を問い直す。

著者 小畑 弘己
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
考古学 > 考古一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 考古学
出版年月日 2015/12/18
ISBN 9784642058162
判型・ページ数 4-6・234ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 重版中
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

想定外の発見―プロローグ/ダイズと縄文人(縄文ダイズの発見と立証/列島のマメ栽培と拡散)/縄文人は豊かな狩猟採集民か(「豊かな狩猟採集民」論争/縄文時代の栽培植物)/コクゾウムシと縄文人(昆虫と害虫/遺跡出土の昆虫と研究法/コクゾウムシから見た縄文人の暮らし)/イネはいつ日本にやってきたのか(大陸系穀物の起源地/朝鮮半島から日本列島へ/圧痕資料から見た九州後・晩期農耕論)/圧痕法が明らかにしたもの(圧痕法とその歴史/圧痕は何を残しているのか/圧痕法のイノベーション)/草原での農耕が語るもの―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

狩猟採集や漁撈で生活していたとされる縄文人。だが、粘土をこねて土器を成形する際に紛れ込んだダイズや貯蔵食物害虫のコクゾウムシがその常識を打ち破った。土器表面や断面の痕跡の新しい分析法から、イネやダイズの栽培開始時期を特定。土器粘土の中に眠っていた考古資料「タネ」「ムシ」が指し示す、多様で豊かな縄文時代の実像に迫る。

第5回古代歴史文化賞 大賞受賞!

このページのトップへ

関連書籍

文明に抗した弥生の人びと

文明に抗した弥生の人びと 449

大陸の新文明をどのように改変していったか

著者:寺前 直人
 
縄文時代

縄文時代

ここまでわかった縄文時代。研究の最前線!

 
 
島国の原像

島国の原像

“楽しい考古学”の深層に迫る斬新な文明史

著者:水野 正好
 
赤米のたどった道

赤米のたどった道

陰ながら日本を支え続けた“米”の歴史!

著者:福嶋 紀子
 
 
農耕の起源を探る

農耕の起源を探る 276

最古の水田を発見! 最新の考古学が解明

著者:宮本 一夫
 
O脚だったかもしれない縄文人

O脚だったかもしれない縄文人 293

縄文人の病状診断。ヒトの骨は何を語るのか

著者:谷畑 美帆
 
 
〈新〉弥生時代

〈新〉弥生時代 329

年代測定法の衝撃。弥生文化が大きく変わる

著者:藤尾 慎一郎
 
倭国のなりたち

倭国のなりたち 1

〝はじまり〟を描く、あたらしい古代史

著者:木下 正史
 
 

このページのトップへ