安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 神と死者の考古学

神と死者の考古学 417

古代のまつりと信仰

神と死者の考古学

五世紀、神祭りの原形が古墳祭祀と関連し形成された。祭りや古墳との関係、現代の文化・信仰への影響など、新視点から実態に迫る。

著者 笹生 衛
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
宗教史 > 神道
考古学 > 考古一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 考古学
歴史文化ライブラリー > 古代史
歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 2015/12/18
ISBN 9784642058179
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

神と死者と古代の人々―プロローグ/古代祭祀の実態(神道考古学と古代祭祀〈神道考古学/祭祀遺跡と祭祀遺物/古代祭祀のイメージ/依代・招代/神籬と榊/『釈日本紀』『古事記伝』の解釈/模造品と祭具/新たな課題〉以下細目略/祭祀遺跡から古代祭祀を探る/古墳時代祭祀の復元)/古代の神観と祭祀(祭祀遺跡の立地と神/古代の富士山信仰と火山祭祀の系譜)/祖への信仰と祭祀(古墳の儀礼/古墳と祖の祭祀/黄泉の国と祖の継承)/古代祭祀の終焉と現代―エピローグ―

このページのトップへ

内容説明

5世紀、日本列島の自然環境と関係する神祭りの原形が古墳祭祀と関連しつつ形成され、そこには災害も大きく関係していた。この時代の祭りや古墳との関係はどのようなものだったのか。また、祀った神や古墳の被葬者はいかに考えられ、かつ歴史的な意味を持ち、現代の文化・信仰に影響を与えているのか。最新研究成果を加え、新視点から実態に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代の祭祀考古学

日本古代の祭祀考古学

祭祀遺跡の鉄や亀卜から歴史的背景を考察

著者:笹生 衛
 
古代の神社と祭り

古代の神社と祭り 111

謎多き古代の神社と神祭りの世界に迫る

著者:三宅 和朗
 
 
事典 神社の歴史と祭り

事典 神社の歴史と祭り

厳選した60社が映し出す人々の営みと信仰

著者:岡田 荘司
笹生 衛
 
日本神道史

日本神道史

今も人々の生活に息づく神道の世界を解明

著者:岡田 荘司
 
 
古代の王権祭祀と自然

古代の王権祭祀と自然

自然現象への人々の心性から信仰世界を解明

著者:三宅 和朗
 
 
古代祭祀論

古代祭祀論

日本古代史研究の成果を問う力作

著者:中村 英重
 
神道史大辞典

神道史大辞典

日本人の心の原点“神道”の姿とは

著者:薗田 稔
橋本 政宣
 
 

このページのトップへ