安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 歴史と日本民俗学

歴史と日本民俗学

課題と方法

歴史と日本民俗学

民俗学の現状に警鐘を鳴らす問題提起の書。民俗学・歴史学のみならず、民族学・文化人類学を志す人びとの必読書。

著者 福田 アジオ
ジャンル 民俗学
出版年月日 2016/01/19
ISBN 9784642082006
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

課題 歴史と民俗学研究(民俗学の展開と方法/民俗学と歴史学)/危機意識と民俗学(初期柳田国男の民俗学〈一九八〇年九州旅行の意義/山人と平地人/空間概念としての常民/村落の類型と歴史/柳田国男の危機意識と研究/現代民俗学の課題〉以下細目略/民俗学と民族/日本単一民族論再考/近代日本の植民地と民俗学/政治と民俗学/民俗学と歴史意識)/民俗学の方法(周圏説と民俗学/歴史民俗学的方法/民俗資料としての日記/図像と民俗学)/展望 二一世紀の民俗学をめざして(学史から学ぶ民俗学の今後/発言する民俗学への可能性)

このページのトップへ

内容説明

民俗学は、19世紀以来歴史を明らかにする学問として登場し発展してきた。近年、その目的を歴史とは無関係な学問とする主張が少なくない。しかし、歴史を認識し、豊かな歴史像を創造することが民俗学であり、21世紀には歴史研究において新たな目標を獲得しなければならない。常に学界に問題点を指摘してきた著者が、あるべき方向性を提示する。

このページのトップへ

関連書籍

現代日本の民俗学

現代日本の民俗学

細分化した学問状況から今後のあり方を問う

著者:福田 アジオ
 
日本の民俗学

日本の民俗学

民俗学の成立と発展、今後の方向性への指針

著者:福田 アジオ
 
 
近世村落と現代民俗

近世村落と現代民俗

近世成立期の生活の実態を描き出す

著者:福田 アジオ
 
図解案内 日本の民俗

図解案内 日本の民俗

「見て学ぶ」ユニークな民俗学入門

 
 
図説 日本民俗学

図説 日本民俗学

消えゆく日本の原風景を多くの図版で再現

 
番と衆

番と衆 25

フィールド調査を基に日本社会の特質を解明

著者:福田 アジオ
 
 
精選 日本民俗辞典

精選 日本民俗辞典

知っておきたい日本の民俗、700余を精選

 
日本民俗大辞典 下

日本民俗大辞典 下

質量ともに最大・最高水準の民俗百科

 
 
日本民俗大辞典 上

日本民俗大辞典 上

質量ともに最大・最高水準の民俗百科

 
知っておきたい 日本の年中行事事典

知っておきたい 日本の年中行事事典

七草・花祭り…行事にこめられた願いとは?

 
 
新版 民俗調査ハンドブック

新版 民俗調査ハンドブック

民俗調査なくして民俗学なし。研究に必読

 
日本民俗学概論

日本民俗学概論

日本民俗学の全体像を示した格好の入門書

 
 

このページのトップへ