安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 落日の豊臣政権

落日の豊臣政権 418

秀吉の憂鬱、不穏な京都

落日の豊臣政権

戦国乱世を収めた待望の新政権は、なぜ人心を失ったのか? 政権全盛期の文禄年間の京都に光をあて、社会の実相を描く。

著者 河内 将芳
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2016/01/20
ISBN 9784642058186
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

秀吉政権崩壊の序曲と京都―プロローグ/不均衡な経済政策(金くばり〈『慶長見聞集』/『大かうさまくんきのうち』/金銀をくばる秀吉/公家衆への金くばり/かたみ分けとしての金銀/金くばりの本質〉/ならかし〈金商人/徳政/「南京奉行」井上源五/奈良町人の直訴/不可解な結末/政権の施策としての奈良借/町人にとってのならかし/金くばりのゆくえ〉以下細目略)/不穏な京の町(喧嘩/辻切り・盗賊)/影を落とす後継者問題(声聞師払い/狐狩り)/天変地異と政権の動揺(恠異/大地震)/京都の人びとがみつめた秀吉の時代―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

戦国乱世を終結させ、泰平な時代の訪れを世につげた豊臣政権の誕生に、人びとの期待は高まった。一方で、対外戦争・後継者問題・天変地異などによる政情不安から、京都では不穏な事件が噴出した。秀吉の権力全盛期、絢爛豪華な桃山文化に象徴される文禄年間の治世とはいかなるものだったのか。当時の京都にくらす人びとの視線で社会の実相を描く。

このページのトップへ

関連書籍

豊臣秀吉文書集 3

豊臣秀吉文書集 3

九州を平定し刀狩などを行うまでの817点

著者:名古屋市博物館
 
石田三成伝

石田三成伝

一次史料から明らかとなった人間三成の実像

著者:中野 等
 
 
歴史の旅 戦国時代の京都を歩く

歴史の旅 戦国時代の京都を歩く

戦国時代の旅人となって、洛中洛外を歩く

著者:河内 将芳
 
中世京都首都論

中世京都首都論

王権・流通・都市支配の三側面から考察する

著者:大村 拓生
 
 
豊臣秀次

豊臣秀次 280

叔父秀吉に翻弄された悲運の生涯を描く

著者:藤田 恒春
 
豊臣秀頼

豊臣秀頼 387

没後400年、徳川中心史観による虚像剥ぐ

著者:福田 千鶴
 
 
豊臣秀吉と大坂城

豊臣秀吉と大坂城

豊臣大坂城を探訪し、天下人の素顔に迫る

著者:跡部 信
 
大坂の陣と豊臣秀頼

大坂の陣と豊臣秀頼 13

〝敗者〟秀頼はなぜ大坂にこだわったのか?

著者:曽根 勇二
 
 
落日の室町幕府

落日の室町幕府

戦国の日々を生きた武家の暮らし

著者:水藤 真
 
 

このページのトップへ