安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > ナチス・ドイツと〈帝国〉日本美術

ナチス・ドイツと〈帝国〉日本美術

歴史から消された展覧会

ナチス・ドイツと〈帝国〉日本美術

ナチス政権下で開かれた伯林日本古美術展覧会。日独メディアの報道内容から展覧会の全貌に迫り、美術と政治が交錯する世界を描く。

著者 安松 みゆき
ジャンル 美術史 > 西洋美術史
外国歴史 > 西洋史
シリーズ シリーズ 近代美術のゆくえ
出版年月日 2016/01/29
ISBN 9784642038478
判型・ページ数 A5・276ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

プロローグ 歴史から消えた展覧会/ドイツの日本美術受容(日本美術受容のドイツ的特質/浮世絵・工芸から絵画・彫刻へ/民族学博物館から美術館へ/キュンメルと本格的な日本美術展への切望)/伯林日本古美術展とその開催経緯(成功を約束された展覧会/展示作品の特徴/《嵯峨天皇御影》の日本返還/ロンドンの中国芸術国際展の衝撃/幻の倫敦日本古美術展覧会―古美術展はベルリンへ)/ ヒトラーと雪村筆《風濤図》(《風濤図》報道に生じた日独間の乖離/『わが闘争』の不都合な日本観/ドイツの美術史と《風濤図》)/ドイツのメディアが報じた伯林日本古美術展(資料について/時系列で見る報道・論評の変化/展覧会は専門家によってどのように語られたか/掲載写真と絵葉書に見るドイツ側の評価/ニュース映画における伯林日本古美術展)/ エピローグ 伯林日本古美術展の光と影/関連年表/図表目録

このページのトップへ

内容説明

1939年、ナチス政権下で開催された伯(ベル)林(リン)日本古美術展覧会。戦争へと向かう特異な政治状況下、それまでの偏った日本美術観修正を目指し奔走する関係者の姿と開催までの道のりを辿る。日独双方のメディアによる報道内容を分析し、戦後、負の遺産として美術の歴史から消し去られた展覧会の全貌に迫り、美術と政治が交錯する現実世界を描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

日本陸軍の対ソ謀略

日本陸軍の対ソ謀略

新視点で実態を再考し、戦略的関係に迫る。

著者:田嶋 信雄
 
ヒトラーのニュルンベルク

ヒトラーのニュルンベルク 90

20世紀の闇―ナチス生んだ歴史の根源とは

著者:芝 健介
 
 
概説日本美術史

概説日本美術史

類書と異なり具体的様式の史的展開を重視

著者:町田 甲一
 
日本美術史要説 増補新版

日本美術史要説 増補新版

日本美術全般を平易に解説した入門書

著者:久野 健
持丸 一夫
 
 

このページのトップへ