安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 尾崎秀実とゾルゲ事件

尾崎秀実とゾルゲ事件

近衛文麿の影で暗躍した男

尾崎秀実とゾルゲ事件

「売国奴」か、それとも「世界平和のために戦った殉教者」か。新資料によって人間関係をたどり、評価が多様化する尾崎の実像に迫る。

著者 太田 尚樹
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2016/02/10
ISBN 9784642082914
判型・ページ数 4-6・212ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

若き日々(尾崎一家のこと/一高・東大時代/東京朝日新聞社時代/大阪朝日新聞社時代)/上海の尾崎(国際都市上海の横顔/羽仁五郎の忠告/情報と諜報活動のメッカ/スメドレーとの邂逅)/ゾルゲとの邂逅─仲介した人物は誰か(アメリカ共産党が注目した尾崎/鬼頭銀一という人物/尾崎とゾルゲの邂逅)/革命の嵐のなかの中国(赴任直前の上海/左翼系文芸グループへの接近/魯迅との邂逅/日支闘争同盟、東亜同文書院との接触/日支闘争同盟の戦術/中国の共産主義と尾崎の立場/上海のゾルゲ国際諜報団/第一次上海事変を目の当たりに見た尾崎)以下細目略/ヌーラン事件による帰国/帰国後の尾崎/近衛内閣嘱託/満鉄調査部/三国同盟と戦争の危機/開戦前夜 ─漏洩した御前会議の情報/諜報団の崩壊と尾崎の逮捕/ゾルゲ裁判と戦時下の処刑

このページのトップへ

内容説明

日米開戦直前に発覚したゾルゲ事件で検挙され、刑死したジャーナリスト尾崎秀(ほつ)実(み)。近衛文麿のブレーンとして、日中戦争から対米交渉へと激動する時代に何を考え行動したのか。ゾルゲとの出会い、逮捕までの経緯、特高による拷問などに関する新たな事実を、新資料によって人間関係をたどりつつ明らかにし、評価が多様化する尾崎の実像に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

日本陸軍の対ソ謀略

日本陸軍の対ソ謀略

新視点で実態を再考し、戦略的関係に迫る。

著者:田嶋 信雄
 
総力戦のなかの日本政治

総力戦のなかの日本政治 6

総力戦の時代とは何だったのか?

著者:源川 真希
 
 
近衛文麿

近衛文麿 282

人気取り政治家と言われてきた通説を見直す

著者:古川 隆久
 
アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争 23

なぜアメリカとの無謀な戦争に突入したか

著者:吉田 裕
森 茂樹
 
 
満州事変から日中全面戦争へ

満州事変から日中全面戦争へ 22

軍部の謀略と戦争「泥沼化」への道!

著者:伊香 俊哉
 
アジア・太平洋戦争辞典

アジア・太平洋戦争辞典

戦後70年。あの戦争とは何だったのか?

 
 

このページのトップへ