安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 豊臣政権の権力構造

豊臣政権の権力構造

豊臣政権の権力構造

全国統一後、秀吉はいかに家臣を編成し、秩序を形成したのか。官位叙任と氏姓授与に着目し、身分序列のあり方とその意味を問う。

著者 堀越 祐一
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2016/02/10
ISBN 9784642029292
判型・ページ数 A5・298ページ
定価 本体8,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章/豊臣権威の確立と大名序列の形成(豊臣期における武家官位制と氏姓授与/豊臣政権の支配秩序―清華成大名の政治的性格について)/「太閤・関白体制」期における政治権力構造(文禄期における豊臣蔵入地―関白秀次蔵入地を中心に/太閤・関白間における情報伝達の構造―木下吉隆・駒井重勝の動向を中心に/秀次事件をめぐる諸問題)/「五大老」・「五奉行」の成立と政治権力構造(豊臣「五大老」・「五奉行」についての再検討―その呼称に関して/知行充行状にみる豊臣「五大老」の性格/豊臣「五奉行」の政治的位置/補論 「毛利家文書」に残る二通の起請文前書案)/関ヶ原合戦とその後の情勢(関ヶ原合戦と家康の政権奪取構想/「豊臣体制」の解体過程/補論 豊国社臨時祭にみる徳川・豊臣の関係)/終章

このページのトップへ

内容説明

秀吉は諸大名に臣従を促す方法で全国統一を成し遂げた結果、政権内に旧敵を内在させた。多様な家臣をどのように自己の権力下に編成し、秩序を形成したのか。官途叙任と氏姓授与を結びつけ一門の補強をめざした政策に着目し、身分序列のあり方を問う。また秀次事件や「五大老」「五奉行」という呼称の検討から、秀吉没後も視野に含めた権力構造を解明する。

このページのトップへ

関連書籍

豊臣秀吉文書集 3

豊臣秀吉文書集 3

九州を平定し刀狩などを行うまでの817点

著者:名古屋市博物館
 
石田三成伝

石田三成伝

一次史料から明らかとなった人間三成の実像

著者:中野 等
 
 
豊臣政権の支配秩序と朝廷

豊臣政権の支配秩序と朝廷

家格という視角を加え、新たな政権像を提示

著者:矢部 健太郎
 
豊臣秀吉文書集 1

豊臣秀吉文書集 1

約7000通を集大成した文書集第1巻

著者:名古屋市博物館
 
 
豊臣秀次

豊臣秀次 280

叔父秀吉に翻弄された悲運の生涯を描く

著者:藤田 恒春
 
豊臣秀頼

豊臣秀頼 387

没後400年、徳川中心史観による虚像剥ぐ

著者:福田 千鶴
 
 
大坂の陣と豊臣秀頼

大坂の陣と豊臣秀頼 13

〝敗者〟秀頼はなぜ大坂にこだわったのか?

著者:曽根 勇二
 
関ヶ原合戦と大坂の陣

関ヶ原合戦と大坂の陣 17

豊臣・徳川15年抗争の真相。新見解多数

著者:笠谷 和比古
 
 
関ヶ原合戦と石田三成

関ヶ原合戦と石田三成 12

「武家家格」から迫る天下分け目の戦の真実

著者:矢部 健太郎
 
豊臣秀吉と大坂城

豊臣秀吉と大坂城

豊臣大坂城を探訪し、天下人の素顔に迫る

著者:跡部 信
 
 
地理から見た信長・秀吉・家康の戦略

地理から見た信長・秀吉・家康の戦略

建設に秘められたたくらみを読み解く

著者:足利 健亮
 
秀吉の手紙を読む

秀吉の手紙を読む

24通の書状から読み解く天下人秀吉の実像

著者:染谷 光廣
 
 
天下人の書状をよむ

天下人の書状をよむ

信長・秀吉・家康の貴重な書簡を一挙公開

 
秀吉の軍令と大陸侵攻

秀吉の軍令と大陸侵攻

軍令到着の時差が戦局に及ぼした影響を探る

著者:中野 等
 
 
秀吉の天下統一戦争

秀吉の天下統一戦争 15

秀吉不敗の戦略に迫り、統一戦争の功罪問う

著者:小和田 哲男
 
天下人の時代

天下人の時代 1

“近世”のはじまりに迫った最新通史

著者:藤井 讓治
 
 
天下統一から鎖国へ

天下統一から鎖国へ 7

天下人登場! 信長から秀吉、そして家康へ

著者:堀 新
 
織豊政権と東国社会

織豊政権と東国社会

惣無事令論を再検討。境目地域論なども言及

著者:竹井 英文
 
 
戦国織豊期の社会と儀礼

戦国織豊期の社会と儀礼

儀礼研究の最前線とその行方が分かる23編

著者:二木 謙一
 
天下統一と朝鮮侵略

天下統一と朝鮮侵略 13

信長・秀吉がめざした〈天下統一〉の真実

著者:池 享
 
 

このページのトップへ