安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 洛中洛外図屏風

洛中洛外図屏風 422

つくられた〈京都〉を読み解く

洛中洛外図屏風

室町から江戸にかけて、多くの作品が描かれ続けたのはなぜか。絵に込められた情報から描かせた人々の思いを読み解き、魅力に迫る。

著者 小島 道裕
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2016/03/18
ISBN 9784642058223
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

洛中洛外図屏風を読むにあたって―プロローグ/洛中洛外図屏風とは(洛中洛外図屏風の見方/洛中洛外図屏風の成立)/初期洛中洛外図屏風(四つの作品―「第一定型」の構図/室町幕府と細川邸―政治背景を読む/都市風俗を読む/発注者と作者、そして系譜)/近世における展開(「権力者とその都市」の屏風/徳川幕府と洛中洛外図屏風/都市風俗とバイオレンス―舟木本/「寛永行幸」の前後/洛中洛外図屏風の再生―「嫁入り屏風」としての洛中洛外図)/名所絵としての洛中洛外図屏風、そしてその後―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

京都の名所と市街、人々の姿を描いた洛中洛外図屏風。室町から江戸にかけての長い間、多くの作品が描かれ続けたのには訳があった。将軍御所や武家・公家の屋敷、庶民の風俗、祭礼行事や暴力場面など、屏風絵に込められた膨大な情報から描かせた人々の思いを読み解く。作品の個性と関係を明らかにしながら、人々を魅了した洛中洛外図の世界へと誘う。

このページのトップへ

関連書籍

戦国期風俗図の文化史

戦国期風俗図の文化史

多様な観点から考察し、作品の実態を解明

著者:井戸 美里
 
描かれた戦国の京都

描かれた戦国の京都

誰が、何のために描かせたのか。絵師は誰か

著者:小島 道裕
 
 
歴史の旅 戦国時代の京都を歩く

歴史の旅 戦国時代の京都を歩く

戦国時代の旅人となって、洛中洛外を歩く

著者:河内 将芳
 
近世京都画壇のネットワーク

近世京都画壇のネットワーク

宗達、探幽、光琳…。名品はどう生まれたか

著者:五十嵐 公一
 
 
京狩野三代 生き残りの物語

京狩野三代 生き残りの物語

京狩野家の作品と生き残り戦略の実態を描く

著者:五十嵐 公一
 
戦国時代狩野派の研究 新装版

戦国時代狩野派の研究 新装版

初期形成過程を解明した名著、待望の復刊

著者:辻 惟雄
 
 
狩野派絵画史

狩野派絵画史

日本絵画史に輝く、狩野派の全貌を描く!

著者:武田 恒夫
 
 

このページのトップへ