安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 現代語訳 吾妻鏡 別巻

現代語訳 吾妻鏡 別巻

鎌倉時代を探る

現代語訳 吾妻鏡 別巻

本編全16巻の解説・注を補完し、原文に触れるための手がかりを提供。様々なテーマから鎌倉時代を平易に解説したシリーズ最終巻。

著者 五味 文彦
本郷 和人
西田 友広
遠藤 珠紀
杉山 巖
ジャンル 日本歴史 > 中世史
日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 現代語訳 吾妻鏡
出版年月日 2016/03/18
ISBN 9784642027243
判型・ページ数 4-6・256ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ 吾妻鏡とその時代(『吾妻鏡』とその特徴…五味文彦/『吾妻鏡』の諸本と伝来…井上 聡/『吾妻鏡』の時代…西田友広)/Ⅱ 政治と法の見かた(幕府の組織と御家人制…西田友広/『吾妻鏡』と文書…西田友広/『吾妻鏡』と幕府の法…西田友広/『吾妻鏡』の人々―人名の比定―〈武士…西田友広/公家…遠藤珠紀/僧侶…杉山 巖〉/京下りの人々〈官人…遠藤珠紀/陰陽師・医師…赤澤春彦〉/鎌倉時代の朝幕関係…本郷和人)/Ⅲ 社会と文化にせまる(御所と邸宅…高橋慎一朗/鎌倉幕府の儀礼と年中行事…桃崎有一郎/鎌倉中の法令と商業…高橋慎一朗/武芸…西田友広/鎌倉幕府と東国の陸上交通―東海道・鎌倉街道の成立―…落合義明)

このページのトップへ

内容説明

本編全16巻に付した解説・注は、紙幅の関係もあり、必要最小限度の事項に簡潔な説明を施すに止めた。それらを補完して、現代語訳の読者がさらに進んで原文の魅力に触れるための手がかりを提供する。さらに、『吾妻鏡』から広がる鎌倉時代の政治と法、社会と文化などの多様な問題を平易に解説。『吾妻鏡』と鎌倉時代への理解がいっそう深まる最終巻。

このページのトップへ

関連書籍

現代語訳 吾妻鏡 16

現代語訳 吾妻鏡 16

時頼の死で時宗が連署に。宗尊親王は入洛

 
現代語訳 吾妻鏡 15

現代語訳 吾妻鏡 15

諸国で災害・寺院抗争…。幕府は政治改革へ

 
 
現代語訳 吾妻鏡 14

現代語訳 吾妻鏡 14

時頼は執政を開始。幕府は転換点を迎える

 
現代語訳 吾妻鏡 13

現代語訳 吾妻鏡 13

宗尊親王が将軍に。朝幕関係は新たな段階へ

 
 
現代語訳 吾妻鏡 12

現代語訳 吾妻鏡 12

執権は北条時頼に。宝治合戦で三浦氏全滅

 
現代語訳 吾妻鏡 11

現代語訳 吾妻鏡 11

泰時没後、執権は孫経時、新将軍は頼嗣へ

 
 
現代語訳 吾妻鏡 10

現代語訳 吾妻鏡 10

泰時主導で花開く執権政治と若者たちの元服

 
現代語訳 吾妻鏡 9

現代語訳 吾妻鏡 9

北条泰時が執権就任! 幕府政治は新段階へ

 
 
現代語訳 吾妻鏡 8

現代語訳 吾妻鏡 8

後鳥羽上皇は義時追討を命じ、幕府と対決へ

 
現代語訳 吾妻鏡 7

現代語訳 吾妻鏡 7

将軍は頼家から実朝へ。義時が権力を掌握

 
 
現代語訳 吾妻鏡 6

現代語訳 吾妻鏡 6

頼朝急死。頼家の失政などで混迷の時代へ

 
現代語訳 吾妻鏡 5

現代語訳 吾妻鏡 5

頼朝上洛。後白河法皇の死後、征夷大将軍へ

 
 
現代語訳 吾妻鏡 4

現代語訳 吾妻鏡 4

義経平泉に死す。頼朝奥州出陣。藤原氏滅ぶ

 
現代語訳 吾妻鏡 3

現代語訳 吾妻鏡 3

「鎌倉殿」頼朝と「大天狗」後白河院の確執

 
 
現代語訳 吾妻鏡 2

現代語訳 吾妻鏡 2

義仲撃破、壇浦合戦。英雄義経は逃亡の身へ

 
現代語訳 吾妻鏡 1

現代語訳 吾妻鏡 1

鎌倉時代の歴史書を初めて現代語訳化

 
 

このページのトップへ