安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 昭和天皇とスポーツ

昭和天皇とスポーツ 425

〈玉体〉の近代史

昭和天皇とスポーツ

幼少時代の遊び、多彩なスポーツ経験、戦時下の健康維持などを、豊富なエピソードを交えて辿り、天皇の身体=玉体の形成に迫る。

著者 坂上 康博
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2016/04/20
ISBN 9784642058254
判型・ページ数 4-6・284ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

〈玉体〉とスポーツ―プロローグ/体質改善と御運動 幼稚園時代(幼少時代の生活と遊び/強健な身体をつくるために)/武道との出会いと遊び 学習院初等科時代(乃木院長による武道奨励/学習院が奨励したもの、排除したもの/放課後の御運動)/帝王学とスポーツ 御学問所時代(御学問所の授業/相撲と新たなスポーツ/天皇になるために)/新しい皇室像の発信 ヨーロッパ外遊(ヨーロッパ外遊/スポーツマンとしての皇太子裕仁/皇室とメディアとスポーツのトライアングル)/スポーツと伝統の相克 摂政時代(日々の御運動―乗馬・ゴルフ・テニス/さまざまなスポーツ経験/国粋主義者や右翼からの攻撃/スポーツの擁護)/権威とスポーツとの親和 昭和天皇の誕生(昭和天皇のスポーツ環境/テニスとビリヤードをやめる!?/オリンピックと武道)/大元帥としての健康維持 戦争の時代(ゴルフをやめる/天皇と馬術と東京五輪/スキーと二・二六事件/太平洋戦争下の水泳)/〈玉体〉とスポーツの戦前・戦後-エピローグ

このページのトップへ

内容説明

皇居にはかつてゴルフ場やプールが存在し、スポーツに親しむ昭和天皇の姿がたびたび報じられた。幼少・学業期の遊び、皇太子時代の多彩なスポーツ経験、即位後の健康維持、戦後のスポーツとの関係を、豊富なエピソードを交えて辿る。天皇の身体=玉体(ぎょくたい)を強健にするための「御運動」から、西洋化と伝統の相克や近代天皇制国家のありかたにも迫る。

このページのトップへ

関連書籍

表象としての皇族

表象としての皇族

時代にあわせ姿を変える皇族表象の文化史

著者:茂木 謙之介
 
大元帥と皇族軍人 大正・昭和編

大元帥と皇族軍人 大正・昭和編 429

天皇と皇族軍人の同調と不和の構図を追う!

著者:小田部 雄次
 
 
「昭和天皇実録」講義

「昭和天皇実録」講義

出生から逝去まで、要点をわかりやすく解説

 
昭和天皇退位論のゆくえ

昭和天皇退位論のゆくえ 379

退位問題はいかに巻き起こり論議されたのか

著者:冨永 望
 
 
昭和天皇側近たちの戦争

昭和天皇側近たちの戦争 296

天皇の忠臣たちの目からみた戦争の昭和史

著者:茶谷 誠一
 
 

このページのトップへ