安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本古代の交通・交流・情報 3

日本古代の交通・交流・情報 3

遺跡と技術

日本古代の交通・交流・情報 3

近年、道路・駅家などの遺構が各地で発見されている。交通施設と交通に関わる技術から古代交通の様相を描き、その景観を考える。

著者 舘野 和己
出田 和久
ジャンル 日本歴史 > 古代史
シリーズ 日本古代の交通・交流・情報
出版年月日 2016/07/27
ISBN 9784642017305
判型・ページ数 A5・388ページ
定価 本体5,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ 古代道路の姿(古墳時代の道路…高島英之/宮都周辺の計画道路…近江俊秀/都城道路…佐藤亜聖/地方の官道―駅路・伝路〈古代の地方道路…木本雅康/七道―遺跡とルートについて…矢田 勝・高島英之・出越茂和・内田律雄・吉本昌弘・木原克司・木本雅康〉/条里地割と道路…出田和久/コラム 古代荘園図と道路―阿波国新島庄…木原克司)/Ⅱ 交通施設(駅家…中村太一/渡河施設…松村 博/交通に関わる祭祀…山近久美子/コラム 復元された月精橋…田中俊明/コラム 古代の渡船…舘野和己)/Ⅲ 交通に関わる技術(運ぶ手段…中村潤子/船を操る技術…川尻秋生/古代の地図…飯田剛彦/古代の道路と地名…伊藤寿和/コラム 市の場所を示す「平城京市指図」…舘野和己

このページのトップへ

内容説明

近年、全国各地で古代の道路・駅家(うまや)・関・橋・津・烽火(とぶひ)などの交通施設に関する遺構が見つかっている。考古学や歴史地理学の調査・研究成果の蓄積から、かつての古代交通のイメージが一新され景観の復原も試みられている。道路や駅家・橋などの交通施設と運搬・航海など交通に関わる技術を取り上げ、古代交通の様相を具体的に描き、その景観を考える。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代の交通・交流・情報 2

日本古代の交通・交流・情報 2

文学作品や記録から旅と交易の実態を再現

 
日本古代の交通・交流・情報 1

日本古代の交通・交流・情報 1

交通制度と実態を東アジアも視野に入れ解明

 
 

このページのトップへ