安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 信長軍の合戦史

信長軍の合戦史

1560-1582

信長軍の合戦史

信頼性の高い一次史料から信長軍の合戦を解説。戦いの経過だけでなく戦前・戦後の戦略的評価にも目を配り、信長の戦争の本質に迫る。

著者 日本史史料研究会 監修
渡邊 大門
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2016/06/29
ISBN 9784642082976
判型・ページ数 4-6・216ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/桶狭間の戦い…平野明夫(桶狭間の戦いのイメージ/今川軍尾張侵攻の背景/信長の迎撃体制/織田・今川軍激突の様相)/信長と美濃斎藤氏との戦い…木下 聡(信長と義龍/信長の攻勢と防戦する龍興/稲葉山城落城と信長の美濃掌握)/本願寺・一向一揆との戦い…安藤 弥(本願寺・一向一揆について/織田信長と石山合戦―中央戦/織田信長と各地の一向一揆―地域戦)/姉川合戦と戦場の景観…太田浩司(姉川合戦の概要と研究史/文献から探る姉川合戦/地形・絵図類から探る姉川合戦)以下細目略/三方原合戦と信長・家康…中脇 聖/長篠の戦い…長屋隆幸/有岡城の戦い…天野忠幸/三木合戦…渡邊大門/鳥取城の攻防戦…倉恒康一/備中高松城の戦い…光成準治/本能寺の変…木下昌規/あとがき…生駒哲郎

このページのトップへ

内容説明

桶狭間の戦いの勝利で歴史の表舞台に躍り出てから本能寺の変で討たれるまで、天下布武をかかげ戦争に明け暮れた織田信長。近年の研究成果による新たな人物評をふまえ、信頼性の高い一次史料を中心に用いながら信長軍が繰り広げた合戦を解説する。戦いの経過だけでなく、戦前・戦後の政治情勢など戦略的評価にも目を配り、信長の戦争の本質に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

織田信長

織田信長 272

英雄視する後世の評価を再考した等身大の姿

著者:池上 裕子
 
信長の天下布武への道

信長の天下布武への道 13

天下統一戦略のすべてが、いま明らかになる

著者:谷口 克広
 
 
信長公記を読む

信長公記を読む

原典を読み解き信長・秀吉の魅力を探る

著者:堀 新
 
織田信長権力論

織田信長権力論

史料を丹念に読み解き、新たな信長像を解明

著者:金子 拓
 
 
地理から見た信長・秀吉・家康の戦略

地理から見た信長・秀吉・家康の戦略

建設に秘められたたくらみを読み解く

著者:足利 健亮
 
織田信長家臣人名辞典 第2版

織田信長家臣人名辞典 第2版

全面改訂・追加し、家臣約1458人を網羅

著者:谷口 克広
 
 
今川義元

今川義元 254

桶狭間に落命した悲運の戦国大名の実像

著者:有光 友學
 
浅井氏三代

浅井氏三代 251

信長と互角に戦った北近江の武将の興亡描く

著者:宮島 敬一
 
 
朝倉義景

朝倉義景

北陸越前の武将。一乗谷に滅ぶ波瀾の生涯

著者:水藤 真
 
武田信玄

武田信玄

謙信と角逐し、信長を畏怖せしめた戦国名将

著者:奥野 高広
 
 
検証 長篠合戦

検証 長篠合戦 382

今一度、史料と向き合い徹底的に検証する

著者:平山 優
 
長篠合戦と武田勝頼

長篠合戦と武田勝頼 9

揺れ動く「敗者」勝頼像を再評価する

著者:平山 優
 
 
信長と石山合戦

信長と石山合戦

11年に及ぶ戦いに本願寺教団の本質を問う

著者:神田 千里
 
一向一揆と石山合戦

一向一揆と石山合戦 14

民衆が巻き込まれ、自ら関わった戦争の実像

著者:神田 千里
 
 
明智光秀

明智光秀

主君弑逆の原因如何。心理を分析し謎を解く

著者:高柳 光壽
 
検証 本能寺の変

検証 本能寺の変 232

決着、本能寺論争。信長を殺したのは誰か?

著者:谷口 克広
 
 

このページのトップへ