安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 大元帥と皇族軍人 大正・昭和編

大元帥と皇族軍人 大正・昭和編 429

大元帥と皇族軍人 大正・昭和編

天皇と皇族軍人の同調と不和の構図を追い、天皇を大元帥とした軍事大国の絶頂期からの変貌と、敗戦による陸海軍崩壊への過程を描く。

著者 小田部 雄次
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2016/06/20
ISBN 9784642058292
判型・ページ数 4-6・336ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

天皇は再び軍事指導者となるか?―プロローグ/第一次世界大戦期の皇室と軍事(軍務にむかなかった大正天皇/「箱入り教育」の皇太子/第一次世界大戦前後の皇族と華族)/軍縮から軍拡へ(大元帥の周辺/孤立する大元帥/大元帥と皇族軍人の確執/戦時下の皇族と華族)/大元帥裕仁の戦争指導(拡大する戦線/開戦からミッドウェー海戦まで―戦略的攻勢の段階/ガダルカナルの攻防から「玉砕」へ―戦略的持久から守勢の段階/戦争終結への模索―絶望的抗戦の段階)/戦火を広げた歴史を負う天皇家―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

相次ぐ戦勝で絶頂期に達した明治国家は、その後どのように変貌し、敗戦による陸海軍崩壊に至ったのか。天皇と皇族軍人の同調と不和の構図を追いつつ、日露戦後よりアジア・太平洋戦争終結にいたる、天皇を大元帥とした軍事システムの全盛から崩壊までを描き出す。世界の軍事的緊張のなか、再軍備を余儀なくされている現代日本社会に警鐘を鳴らす。

このページのトップへ

関連書籍

戦争とファシズムの時代へ

戦争とファシズムの時代へ 5

デモクラシーはいかにして潰えたのか

著者:河島 真
 
国際化時代「大正日本」

国際化時代「大正日本」 4

〈国際化〉は日本に何をもたらしたのか?

著者:櫻井 良樹
 
 
大元帥と皇族軍人 明治編

大元帥と皇族軍人 明治編 424

天皇はいかに国民皆兵のシンボルとなったか

著者:小田部 雄次
 
日本の軍隊を知る

日本の軍隊を知る 8

改めて軍隊を考えるための知識を集成する

 
 
Q&Aで読む日本軍事入門

Q&Aで読む日本軍事入門

日本の平和と安全を考えるための格好の手引

 
世界史の中の日露戦争

世界史の中の日露戦争 20

百年前のIT革命=情報戦争を軍事史で描く

著者:山田 朗
 
 
総力戦とデモクラシー

総力戦とデモクラシー 21

日本はなぜ参戦したか。反戦思想等から探る

著者:小林 啓治
 
アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争 23

なぜアメリカとの無謀な戦争に突入したか

著者:吉田 裕
森 茂樹
 
 
アジア・太平洋戦争辞典

アジア・太平洋戦争辞典

戦後70年。あの戦争とは何だったのか?

 
海軍将校たちの太平洋戦争

海軍将校たちの太平洋戦争 383

敗戦に何を学ぶか? 組織のあり方を考える

著者:手嶋 泰伸
 
 
大正天皇

大正天皇 247

激動の明治・昭和の狭間を治めた君主伝

著者:古川 隆久
 
「昭和天皇実録」講義

「昭和天皇実録」講義

出生から逝去まで、要点をわかりやすく解説

 
 
昭和天皇とスポーツ

昭和天皇とスポーツ 425

国家と天皇は、スポーツに何を求めたのか?

著者:坂上 康博
 
昭和天皇退位論のゆくえ

昭和天皇退位論のゆくえ 379

退位問題はいかに巻き起こり論議されたのか

著者:冨永 望
 
 
昭和戦前期の宮中勢力と政治

昭和戦前期の宮中勢力と政治

政局に与えた影響から、天皇制の変遷を解明

著者:茶谷 誠一
 
日本軍事史年表

日本軍事史年表

約5000の項目から、戦争と平和を学ぶ!

 
 
日本軍事史

日本軍事史

戦争を支えたシステムを詳述した初の通史

 
 

このページのトップへ