安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近代日本の就職難物語

近代日本の就職難物語 428

「高等遊民」になるけれど

近代日本の就職難物語

高学歴だが定職に就いていない「高等遊民」はいかに生み出され、社会はどう向き合ってきたか。過酷で理不尽な就職事情の歴史に迫る。

著者 町田 祐一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2016/06/20
ISBN 9784642058285
判型・ページ数 4-6・238ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

就職事情の今昔―プロローグ/就職ことはじめ(近代の職業選択へ/就職する高学歴者/就職難の発生)/日露戦争後の就職難(増加する「職業未定又ハ不詳」/就職の悲喜こもごも/卒業後の高望み?)/「高等遊民」問題へ(「危険思想」の不安/職業紹介所と「高等遊民」/「教育ある遊民」の処置問題)/大戦景気の影響(大戦景気と就職への好影響/好景気の中の学校増設/学校が紹介したけれど)/昭和初期の就職難(『大学は出たけれど』/就職哀話/就職戦線の内幕)/知識青年の行方(事後的な政策対応/自力救済的解決策の限界/さまよう知識青年/就職はしたけれど)/就職難の歴史から学ぶ―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

高学歴だが定職に就いていない、優雅に見える「高等遊民」たち。近代日本社会はいかに彼らを生み出し、どう向き合ってきたのか。当時の就職事情を教育・産業から構造的に捉え、日本特有の「縁故」採用の成り立ちや高学歴者の思想と政府の対応など、就職難問題の実態を描く。「いい会社に就職する」のはあたりまえなのか、現代にも通ずる課題に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

旗本・御家人の就職事情

旗本・御家人の就職事情 410

出世を図る武士と幕府の人事システムに迫る

著者:山本 英貴
 
 

このページのトップへ