安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 原爆ドーム

原爆ドーム 431

物産陳列館から広島平和記念碑へ

原爆ドーム

元は物産陳列館。原爆投下で廃墟となり、凄絶な悲劇を伝えながら、核廃絶希求の象徴として世界遺産に登録されるまでの歴史を追う。

著者 頴原 澄子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2016/07/20
ISBN 9784642058315
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

原爆ドームとはなにか―プロローグ/広島県物産陳列館から「原爆ドーム」へ(博物館・物産陳列所・商品陳列所/広島県物産陳列館の誕生から戦争の時代へ)/広島平和記念公園(広島の戦災と復興都市計画/原爆遺物に対する認識)/原爆ドーム保存の過程(「原爆」と「平和」/「核兵器開発」と「原子力の平和利用」/都市の復興と「原爆ドーム」保存運動)/世界遺産への道のり(ユネスコ世界遺産条約と日本/世界遺産リスト記載に向けて)/未完の広島―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

近代化の歩みの中で建設された広島県物産陳列館。原爆投下後、何度も存廃が議論されながら、戦後二十余年でようやく永久保存が決議された。平和の「記念」と「祈念」といった理念のゆらぎ、保存工事を経て、被爆の証人・核廃絶希求の象徴として世界遺産に登録されるまでの歴史を追い、原爆ドームとは何かをその前史とともに捉え直す注目の書。

このページのトップへ

関連書籍

広島・福山と山陽道

広島・福山と山陽道 41

芸備独特の気質と歴史や文化に触れる

著者:頼 祺一
 
アジア・太平洋戦争辞典

アジア・太平洋戦争辞典

戦後70年。あの戦争とは何だったのか?

 
 
アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争 23

なぜアメリカとの無謀な戦争に突入したか

著者:吉田 裕
森 茂樹
 
Q&Aで読む日本軍事入門

Q&Aで読む日本軍事入門

日本の平和と安全を考えるための格好の手引

 
 
日本軍事史年表

日本軍事史年表

約5000の項目から、戦争と平和を学ぶ!

 
日本軍事史

日本軍事史

戦争を支えたシステムを詳述した初の通史

 
 

このページのトップへ