安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 平安時代記録語集成 上

平安時代記録語集成 上  新刊

平安時代記録語集成 上

平安時代の記録語約3万語の資料を集成。小右記・御堂関白記など11点から採録し、所出箇所(年月日・刊本頁行)・用例を示す。

著者 峰岸 明
ジャンル 国語・国文学 > 辞典・事典
出版年月日 2016/07/29
ISBN 9784642014748
判型・ページ数 その他・規格外・1612ページ
定価 本体34,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

半世紀以前より記録語辞典の編纂を志していた国語学の権威が遺した、平安時代の記録語約3万語の資料を集成。小右記・御堂関白記・権記など11点から蒐集し、所出箇所(年月日・刊本頁行)・用例を示す。また、記録語辞典原稿の一部約2000項目を「記録語解(かい)義(ぎ)」として附載する。日本史・国語学・国文学、広く日本語に関心を有する読者必備の書。

このページのトップへ

関連書籍

古文書の国語学的研究

古文書の国語学的研究

文字・用語・表現等の言語事象を究明

著者:三保 忠夫
 
日本古代の文字と表記

日本古代の文字と表記

漢字受容と伝来を探り古代日本語の実態解明

著者:沖森 卓也
 
 
日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法

変体漢文を訓読するための初のガイドブック

 
古記録学概論

古記録学概論

難解な日記の特質や研究上の問題点を解説

著者:斎木 一馬 編著
 
 

このページのトップへ