安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本中世の権力と寺院

日本中世の権力と寺院  新刊

日本中世の権力と寺院

中世に台頭した武家と寺院は社会における影響力を強めた。六波羅の実態を追究し、西山派教団に視点を据えて、その動向を描く。

著者 高橋 慎一朗
ジャンル 日本歴史 > 中世史
宗教史 > 仏教
出版年月日 2016/08/01
ISBN 9784642029322
判型・ページ数 A5・284ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 「六波羅」から中世を考える/Ⅰ 武家権力の展開(六波羅探題被官の使節機能/尊性法親王と寺社紛争/京都大番役と御家人の村落支配/宗尊親王期における幕府「宿老」/北条時村と嘉元の乱/『親玄僧正日記』と得宗被官/都市周縁の権力)/Ⅱ 浄土宗西山派と寺院社会(証空の小坂住房をめぐる一考察/往生講の展開と浄土宗西山派/如法念仏の芸能的側面/美濃立政寺に見る末寺形成の一様相/西山派と二条家の人々/禅宗長福寺の古文書に見える西山派僧/『塩尻』の西山派関連記事について/戦国期の仏陀寺再建を支えた人々)/終章 武家権力と西山派

このページのトップへ

内容説明

中世に台頭した武家と寺院。どちらも朝廷・公家ら既存権力との協力関係をテコに、地域における影響を強めていく。公家・武家・寺社が複雑に絡み合い、社会の姿が凝縮された六波羅の実態を追究し、幕府の権力行使のあり方を明らかにする。また、大きな影響力を持ちながらも注目されることが少なかった西山派教団に視点を据え、その動向を描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

北条時頼

北条時頼 274

鎌倉中期の執権、仏教者の実像に迫る!

著者:高橋 慎一朗
 
史跡で読む日本の歴史 6

史跡で読む日本の歴史 6

躍動する武士たちの世界がよみがえる!

著者:高橋 慎一朗
 
 

このページのトップへ