安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 江戸のパスポート

江戸のパスポート 432

旅の不安はどう解消されたか

江戸のパスポート

旅人は、身許証明と同時に病気や不慮の事故の際に保護を求める「往来手形」を携えた。旅行難民救済体制から江戸時代の光と影に迫る。

著者 柴田 純
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2016/08/19
ISBN 9784642058322
判型・ページ数 4-6・280ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

旅に倒れて―プロローグ/元禄~享保期の旅行難民対策(元禄令と村送り/元禄令と加賀藩/元禄令と諸藩の対応/明和令成立の背景)/パスポート体制の成立(旅行難民救済の実態/往来手形について/旅行難民の実数を考える/田辺領でのパスポート体制の成立)/パスポート体制の整備と終焉(田辺領での村送り体制の整備/難所峠の整備/旅行難民の迎えについて/地域財政を圧迫する負担の増大/明和令以後の村送り問題/藩領を異にした紛争の処理/パスポート体制の終焉)/パスポート体制の影(乞食死を考える/紀州藩田辺領の乞食死/紀州藩田辺領での乞食対策/乞食死の対応をめぐって/往来手形不携帯の人々の処遇)/偽往来手形と無宿(無宿問題へのアプローチ/偽往来手形の横行/義絶帳外急増の背景/義絶帳外と追放の実態/天保改革と無宿問題/無宿の終焉)/江戸のパスポート体制から学ぶ―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

街道の整備や旅(はた)籠(ご)の充実などにより、庶民の旅が盛行した江戸時代。旅人は、身許証明であると同時に、病気や不慮の事故の際に保護を求める文言が記された「往来手形」を携えていた。追放・勘当による無宿者など、手形の恩恵を受けられない人々の問題にも触れつつ、この旅行難民救済のシステム=パスポート体制からみえる江戸時代の光と影に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

歴史の旅 甲州街道を歩く

歴史の旅 甲州街道を歩く

日本橋から下諏訪まで。豊富な図版で道案内

著者:山口 徹
 
歴史の旅 東海道を歩く

歴史の旅 東海道を歩く

日本橋~京都まで、豊富な図版で道案内

著者:本多 隆成
 
 
宿場の日本史

宿場の日本史 198

知られざる宿場運営システムと支えた人々

著者:宇佐美 ミサ子
 
 

このページのトップへ