安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 頼朝と街道

頼朝と街道 435 新刊

鎌倉政権の東国支配

頼朝と街道

鎌倉に本拠を構えた源頼朝は、物流の動脈たる街道をおさえ支配領域を拡大していく。幕府成立期に街道が果たした政治的役割を解明。

著者 木村 茂光
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2016/09/20
ISBN 9784642058353
判型・ページ数 4-6・238ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

「動く頼朝」の視点―プロローグ/都市鎌倉と巨大都市平泉(初期の鎌倉/承久の乱後の変容/首都鎌倉の確立/北奥羽と北海道/大平泉の構造/平泉の「富の三点セット」)/東山道の政治的位置と矛盾(東山道沿いの政治矛盾/秩父平氏と大蔵合戦)/南常陸と江戸湾の掌握 富士川の合戦と金砂合戦(頼朝の挙兵/富士川の合戦―関東の西の境界を押える/金砂合戦―南常陸と江戸湾岸を押える/北関東の政治情勢)/巨大都市平泉と頼朝政権 奥州合戦の政治史(頼朝の政治―動かぬ頼朝/奥州合戦―動く頼朝)/鎌倉街道上道・東海道の整備と掌握 富士の巻狩りと二度の上洛(建久二・三年の頼朝の政治/富士巻狩りの政治的意味/二度の上洛と東海道の整備)/街道整備の進展―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

「海(かい)人(じん)・野(や)鼠(そう)」の住居といわれた鎌倉を武家政権の首都とするためには流通構造の構築が不可欠であった。源頼朝は数度の長期遠征を行い、街道をおさえ支配領域を拡大していく。東山道、奥(おくの)大道(おおみち)という物流の動脈を基盤とした奥州平泉の平定と、二度の上洛に伴う東海道の掌握が、首都鎌倉にもたらした経済効果を明らかにし、街道の政治的意味を考える。

このページのトップへ

関連書籍

東国武士団と鎌倉幕府

東国武士団と鎌倉幕府 2

東国武士のネットワークと内乱のなかの日常

著者:高橋 一樹
 
鎌倉幕府と東北

鎌倉幕府と東北 2

「幕府の植民地」論に収まらない鎌倉期東北

著者:七海 雅人
 
 
源平の内乱と公武政権

源平の内乱と公武政権 3

後白河院から執権政治へ、変革の時代を描く

著者:川合 康
 
源頼朝と鎌倉

源頼朝と鎌倉

苦難の前半生から冷徹な独裁者の実像に迫る

著者:坂井 孝一
 
 
平泉の光芒

平泉の光芒 1

中世東北の幕開け。シリーズ全5巻刊行開始

著者:柳原 敏昭
 
奥州藤原氏と平泉

奥州藤原氏と平泉

東北の風土とともに生きた4代の100年

著者:岡本 公樹
 
 
平泉と奥州道中

平泉と奥州道中 7

陸前北部の多彩な歴史と文化を再発見

 
曽我物語の史実と虚構

曽我物語の史実と虚構 107

歌舞伎「曽我物語」の起源となった真実

著者:坂井 孝一
 
 
現代語訳 吾妻鏡 6

現代語訳 吾妻鏡 6

頼朝急死。頼家の失政などで混迷の時代へ

 
現代語訳 吾妻鏡 4

現代語訳 吾妻鏡 4

義経平泉に死す。頼朝奥州出陣。藤原氏滅ぶ

 
 
現代語訳 吾妻鏡 1

現代語訳 吾妻鏡 1

鎌倉時代の歴史書を初めて現代語訳化

 
 

このページのトップへ