安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 樹木と暮らす古代人

樹木と暮らす古代人 434

木製品が語る弥生・古墳時代

樹木と暮らす古代人

里山を創り出した古代人は、森林資源とどのように関わり生活していたのか。〝木の国〟日本の古代史像を、木材の利用を通して描く。

著者 樋上 昇
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
考古学 > 考古一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 考古学
出版年月日 2016/09/20
ISBN 9784642058346
判型・ページ数 4-6・286ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

持続可能な社会をめざして―プロローグ/森と生きる(森と人とのかかわり〈森と集落の関係性/弥生~古墳時代の「里山」の植生を復元する/木取りから推定する/樹齢から林相を復元する/近世木地師の巡回サイクルとの類似/森が再生するペース/里山(雑木林)の創出〉以下細目略/木材の流通を復元する/木製品には何があるのか)/鍬は語る(鍬の機能を考える/鍬の系譜と伝播)/首長と王の所有物(みせびらかす器、隠匿する器/儀杖から武器へ)/うつりゆく木製品(精製木製品の変遷/専業工人の出現と展開)/弥生~古墳時代に「林業」はあったのか?―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

持続可能な社会を目指し、いま注目されている里山。それを創り出した古代人は、森林資源といかに関わり、木材から道具を作り出し生活していたのか。用途やサイズに合った樹木の使い分け、鍬などの農具の伝播、権力者による威儀(いぎ)具(ぐ)の利用、「専業工人」の出現など、考古学の視点から解明。〝木の国〟日本の古代史像を、木材の利用を通して描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

里山の成立

里山の成立

さまざまな機能を有した里山の特質を解明

著者:水野 章二
 
樹皮の文化史

樹皮の文化史

暮らしの中で樹皮はいかに利用されてきたか

著者:名久井 文明
 
 
日本史の環境

日本史の環境 29

日本史を取り巻く環境のさまざまを考える

著者:井上 勲
 
古代の暮らしと祈り

古代の暮らしと祈り 2

人々はいかに自然環境と向き合っていたのか

著者:三宅 和朗
 
 
日本史と環境

日本史と環境 1

歴史から導きだす、新たな自然観・環境観

著者:平川 南
 
自然利用と破壊

自然利用と破壊 5

現代社会が抱える環境問題にアプローチする

著者:鳥越 皓之
 
 
人々の営みと近世の自然

人々の営みと近世の自然 4

江戸時代の自然の大改造と災害復興を描く

著者:水本 邦彦
 
中世の環境と開発・生業

中世の環境と開発・生業 3

生活基盤を支えた自然環境の特質に迫る

著者:井原 今朝男
 
 

このページのトップへ