安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 現代語訳 小右記 3

現代語訳 小右記 3

長徳の変

現代語訳 小右記 3

伊周と中関白家は不敬事件で左遷される。検非違使別当の実資は一条天皇と道長の動きを記録。道長は長女彰子を中宮に立てようとする。

著者 倉本 一宏
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 現代語訳 小右記
出版年月日 2016/10/13
ISBN 9784642018180
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

勢力失墜に焦る伊周と中関白家。ついに不敬事件を起こし左遷される。検非違使別当の実資はその間の一条天皇と道長の動きを詳細に記録。また、長女彰子を一条天皇の女御とした道長は、続いて中宮に立てようとする。

このページのトップへ

関連書籍

現代語訳 小右記 4

現代語訳 小右記 4

一条天皇崩御。実資と道長に新時代が訪れる

著者:倉本 一宏
 
現代語訳 小右記 2

現代語訳 小右記 2

実資は公卿に上る。政権の座は道長の手へ

著者:倉本 一宏
 
 
現代語訳 小右記 1

現代語訳 小右記 1

藤原実資が綴った日記。平安宮廷社会が甦る

著者:倉本 一宏
 
藤原道長

藤原道長 250

摂関政治全盛を築いた公卿の傑出した生涯

著者:山中 裕
 
 
一条天皇

一条天皇 236

藤原摂関家と協調し、王朝文化を開いた実像

著者:倉本 一宏
 
 

このページのトップへ